Windows 11でサードパーティ製ウィジェットの利用が可能に

0

2022年05月25日 09:42  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 ウィエットボードに並ぶウィジェット
ウィエットボードに並ぶウィジェット

 米Microsoftは5月24日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2022」の基調講演で、「Windows 11」のサードパーティ製ウィジェットの提供を発表した。年内実現の計画だ。



【その他の画像】



 Windowsのウィジェットは、アプリやサービスのライブコンテンツをデスクトップに表示するための小さなカードで、専用のウィジェットボードにまとめられており、タスクバーの左隅にあるウィジェットボタンで開く。現在はまだ、Microsoft製のカレンダー、To Doリスト、天気予報、ニュース、スポーツ、エンタメコンテンツなどのウィジェットしかない。



 パノス・パネイCPO(最高製品責任者)は公式ブログで、「年内に、Adaptive Cardsプラットフォーム搭載のWindows 11で、Win32アプリとPWAアプリのコンパニオンとしてのウィジェットを構築できるようになる」と語った。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定