「ベルサイユのばら」50周年で展覧会、初公開の原画や“オスカルの部屋”が登場

71

2022年05月25日 13:24  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー」メインビジュアル (c)池田理代子プロダクション
「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー」メインビジュアル (c)池田理代子プロダクション
池田理代子「ベルサイユのばら」の50周年を記念した展覧会が、9月17日から11月20日まで東京・六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで開催される。

【大きな画像をもっと見る】

1972年4月から1973年12月にかけて週刊マーガレット(集英社)で連載された「ベルサイユのばら」。展覧会ではマリー・アントワネットとオスカルに焦点を当て、2人の物語が原画とともに紹介される。原画は初公開のものも登場し、執筆当時の池田の思いや言葉を交えながら展示。宝塚歌劇のコーナーでは劇中の“オスカルの部屋”が再現され、舞台衣裳や小道具も飾られる。さらにTVアニメや懐かしのグッズ、現在の展開など、さまざまな切り口で「ベルサイユのばら」に迫っていく。

展示会の開催にあたり、池田からはコメントが到着。「50年とは遥か昔のことのようではありますが、『ベルサイユのばら』という作品が親から子へ、そして孫へと読み継がれているという、連載中にはとても想像できなかった夢のような幸福を与えられ、作者としてはすべてに感謝したい気持ちです」と感謝を伝えた。

■ 池田理代子コメント
50年とは遥か昔のことのようではありますが、「ベルサイユのばら」という作品が親から子へ、そして孫へと読み継がれているという、連載中にはとても想像できなかった夢のような幸福を与えられ、作者としてはすべてに感謝したい気持ちです。
出版社は勿論のこと、宝塚歌劇団、アニメーション会社等々、事あるごとに盛り上げて頂きました。
そして今、このようなコロナ禍にあって、関係者の皆様には50周年展を開催し、祝って下さることに心より御礼申し上げます。
一人でも多くのファンの方に楽しんで頂けることを願いつつ。

■ 「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー」
会期:2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
会場:東京都 東京シティビュー

このニュースに関するつぶやき

  • これはちょっと見てみたいな。昔の絵は素敵�Ԥ��Ԥ��ʿ������� 今も外伝的なのでたまに単行本が出てたような気がするけど線が直線的でオスカルとか男顔になっている。
    • イイネ!7
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(24件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定