レア・セドゥ主演 出会った日に結婚した夫婦の物語『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』公開決定

0

2022年05月25日 14:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』場面写真 (C)2021 Inforg-M&M Film – Komplizen Film – Palosanto Films – Pyramide Productions - RAI Cinema - ARTE France Cinéma – WDR/Arte
映画『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』場面写真 (C)2021 Inforg-M&M Film – Komplizen Film – Palosanto Films – Pyramide Productions - RAI Cinema - ARTE France Cinéma – WDR/Arte
 『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥ主演最新作『The Story of My Wife(英題)』が、邦題を『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』 として、8月12日より公開されることが決定。レアが魅惑的な笑顔を見せる場面写真が解禁された。

【写真】美しき美貌「レア・セドゥ」フォトギャラリー

 本作は、長編デビュー作『私の20世紀』(1989)で第42回カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞、その後『心と体と』(2018)で第67回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したハンガリーの鬼才イルディゴー・エニェディ監督最新作。本作は、出会った日に結婚した夫婦が織りなす、官能的で切ない愛の物語となっており、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。

 主演は、第66回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作『アデル、ブルーは熱い色』(2013)で大胆な演技を披露し話題を呼んだほか、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2021)での好演も記憶に新しいレア・セドゥ。共演には『グッバイ・ゴダール!』(2017)や『SAINT LAURENT サンローラン』(2014)のルイ・ガレルを迎える。

 1920年のマルタ共和国。船長のヤコブ(ハイス・ナバー)が、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人としていたところ、リジー(レア)という美しい女性が店に入ってくる。初対面のリジーに結婚を申し込むヤコブ。その週末、2人だけの結婚の儀式が行われる。幸せなひと時を過ごしていたが、リジーの友人デダン(ルイ)の登場により、ヤコブは2人の仲を怪しみ嫉妬を覚えるようになり…。

 解禁となった場面写真は、レア演じるリジーがヤコブと出会うシーン。ヤコブに声をかけられたリジーはコケティッシュで魅力的な笑顔を見せ、ヤコブは一瞬で彼女の虜になるが…。

 1920年代の豪華絢爛な衣装と美しい風景が、レア・セドゥの小悪魔的な魅力を一層引き出している本作。心揺さぶる恋愛模様を、今夏スクリーンで堪能したい。

 映画『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』 は、8月12日より全国公開。
    ニュース設定