SUGEEEカタチ! あの旭化成が近未来のクルマ「AKXY2」発表 上半分は透明キャノピー、まるでSF世界の宇宙船

161

2022年05月25日 14:22  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真旭化成がコンセプトカーを発表 その姿は……!
旭化成がコンセプトカーを発表 その姿は……!

 「サランラップ」などで知られる化学・素材大手、旭化成がコンセプトカー「AKXY2」を発表しました。何これかっこいい!



【画像】かっこよすぎ…!! 屋根がそのまま「真上」に開く車内の様子



 AKXY(アクシー)シリーズは、旭化成が将来・近未来の“車載コンセプトの象徴”として展開するプロジェクト。同社が自動車メーカーになって市販する……のではなく、同社が持つ、クルマとなり得る構成部品や先端素材(外装、内装、機能など)の技術を軸に、コンセプトカーを通じて未来のクルマの価値を高めていくための提案、活動の一環です。これまで2017年に第1弾のAKXY、2019年にAKXY PODを製作しています。



 第3弾となるAKXY2は、未来のクルマに求められる価値を提案すべく、Sustainability(持続可能なクルマづくり)、Satisfaction(クルマの満足度を高める)、Society(社会とクルマのつながり)、3つの「S」をコンセプトに掲げて作られました。



 デザインモチーフは「輪」。カーデザイナーの石丸竜平氏率いるデザインスタジオ・Fortmareiがデザインとクリエイティブディレクションを担いました。



 車体は大きなバスタブのような楕円形、そして上半分は透明のキャノピー構造。ガラス代替樹脂のキャノピーをガバッと真上に開いて乗降し、閉じれば360度の開放的な視界を実現します。中は上質な内装、自由に動かせるイスとソファーで、そのままお部屋。外観デザインも停車時にノーズやテール、デッキに腰掛けられるよう形状を工夫しています。



 「われわれが考える未来では、人々のくらしが移動空間でもシームレスにつながっています。静的、動的な生活をつなぐモビリティとして社会に存在し、内と外の境界をぼかしながら人々のくらしを豊かにできるように、そして長く愛されるように思いを込めてデザインしました」(Fortmareiの石丸氏)。



 完全自動運転が実現した近未来のクルマは、「人の運転」が必要がなくなるので運転者と同乗者の隔てはなくなり、一様に「前向き」で座る必要もなくなります。ボックスシートで列車旅を楽しむかのように、あるいは自宅のリビングルームでそのまま移動するかのように「どう快適に移動時間を過ごすか」を求め、追求した車内、装備になっていくと予想されています。



 AKXY2は、神奈川・パシフィコ横浜で行われる「人とくるまのテクノロジー展2022」(2022年5月25日〜28日)で展示。ワクワクする近未来のクルマの姿や利用シーンの提案、見に行ってみてはいかがでしょうか。


このニュースに関するつぶやき

  • あっなんか手塚治虫の鉄腕アトムの世界の車みたいだな、手塚先生、未来を見据えていたのか淒い、こうなるしかないな
    • イイネ!10
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(112件)

ニュース設定