ボンネットの下でひな鳥さんぴよぴよ 2カ月放置していた愛車にセキレイの巣「こんなことってあるぅ!?」とオーナー驚愕

11

2022年05月25日 16:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ボンネットの下ですくすく育ったハクセキレイのひな鳥と巣
ボンネットの下ですくすく育ったハクセキレイのひな鳥と巣

 しばらく乗っていなかったクルマのボンネットの下で、野鳥が巣を作って愛を育んでいたという珍事が、Twitterで話題になっています。ジャストフィットしちゃったんだね。



【スバルに巣張る】ハクセキレイの巣とひな鳥たちの写真ほか



 話題の投稿は鈴木 尊え(@tkykszk_36)さんによるもので、愛の現場となったのはスバルの5ドア・ステーションワゴン「レヴォーグ」のボンネットの下。エンジンなどを覆うカバーに囲まれたインタークーラーの上に、立派な巣が作られていました。



 鈴木さんは腰椎椎間板ヘルニアによる痛みとしびれで、しばらくクルマを運転することができなかったそうで、約2カ月ぶりにクルマの様子を見に来たところ、「鳥が出てきた」ことで異変に気がついたそうです。



 暗くて確認ができなかったそうですが、野鳥の巣は個人が勝手に処分するのは御法度。困った鈴木さんは最寄りのスバルに連絡して、市役所や動物病院などにも相談し、巣の様子を確認しました。



 巣はハクセキレイの物と判明。4羽ほどの元気なひな鳥も確認されたそうです。ボンネットにある空気を通す穴(エアインテーク)から出入りしていたそうで、「天敵に襲われるリスクが低い」「雨風がしのげる」など、巣作りに適したスペースとしてハクセキレイに気に入られてしまったのでしょう。



 まさかすぎる場所に作られた巣に、Twitterでは「かわいい」「豪邸」「鳥の巣にもなるのか」「まさに巣張る(スバル)ですね」といった声が寄せられていたほか、「うちの職員のWRXにも鳥がせっせと小枝を運んでいた」という目撃情報も寄せられ、スバル車は野鳥からも高い人気を得ているようですね。



 ハクセキレイの巣とひな鳥について、鈴木さんによると「自然に返す」という方向で各所と話が進められているそうです。


このニュースに関するつぶやき

  • 昔々、運動会で謎の種目、スウェーデンリレーという競技があって走る距離が少しづつ伸びていくのだ。
    • イイネ!3
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定