初代ECL王者はローマ! フェイエノールトとの激闘を制し、初のUEFAメジャータイトル獲得

3

2022年05月26日 06:06  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ザニオーロのゴールが決勝点に [写真]=Getty Images
ザニオーロのゴールが決勝点に [写真]=Getty Images
 ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)決勝戦が25日に行われ、ローマとフェイエノールトが対戦した。

 2021−22シーズンから新設されたECLもいよいよ大詰め。ローマはフィテッセ、レスターなどに勝利してファイナルへと駒を進めた。これまでUEFAが主催するメジャー大会では優勝の経験はない。ジョゼ・モウリーニョ監督はチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の優勝経験があり、今回の決勝戦で勝利すると、欧州カップ戦“3冠”達成となる。

 一方、フェイエノールトはここまでの道のりでスラヴィア・プラハやマルセイユを下してきた。ヨーロッパのカップ戦を制したのは、小野伸二が在籍していた2001−02シーズンが最後。当時はUEFAカップ優勝を成し遂げたが、クラブはかつてチャンピオンズカップ(現CL)を制したこともあり、今回は3つ目の欧州コンペティション制覇を狙う。

 試合は序盤から拮抗した展開となり、一進一退の攻防が続く。しかし、15分にローマにアクシデント。ケガを押して出場していたヘンリク・ムヒタリアンがピッチ内に倒れ込んでしまい、プレー続行が不可能に。代わりにセルジオ・オリヴェイラがピッチに送り出された。

 均衡が破れたのは32分。ジャンルカ・マンチーニがロングフィードを送ると、相手DFの頭を超えてニコロ・ザニオーロの元へ。胸トラップから前を向くと、GKのポジションを確認して左足で浮かすシュート。技ありフィニッシュでネットを揺らし、ローマが先手を取った。

 先制後はややローマが押し込む時間帯となるも、決定的なシュートまで持ち込む場面はわずか。反対に、フェイエノールトは40分、オルクン・コクチュが右足でミドルシュートを狙うも、GK正面へ。前半はこのままローマの1点リードで終了した。

 後半が始まると、すぐにフェイエノールトが仕掛ける。47分、右コーナーキックをショートコーナーで繋ぐと、グラウンダーの鋭いクロスボールがローマのマンチーニに当たってゴールへ向かう。あわやオウンゴールかと思われたが、このボールはポストに嫌われた。こぼれ球の流れからフース・ティルが右足で狙うも、シュートはローマのGKルイ・パトリシオがファインセーブ。

 その後もフェイエノールトが攻撃を続ける時間帯が続くも、ローマの守備陣を前になかなか決定機を作り出すことができない。82分にはルイス・シニステラがカットインから右足を振るも、シュートは威力に欠け、ルイ・パトリシオが難なくキャッチした。

 対するローマもタミー・アブラハムを中心にカウンターから攻撃の機会を増やす、86分には斜めのランからペナルティエリア内でボールを受けたロレンツォ・ペッレグリーニがシュートを放つも、強烈な一撃はGKに弾き出された。

 試合はこのままタイムアップ。フェイエノールトとの激闘を制したローマが、記念すべき初代のECLチャンピオンに輝いた。

【スコア】
ローマ 1−0 フェイエノールト

【得点者】
1−0 32分 ニコロ・ザニオーロ(ローマ)

このニュースに関するつぶやき

  • こんなリーグ戦増やすから選手の疲弊ばっかりでリーグの質も落ちてくると思うどお������������
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定