メディア総接触時間「携帯・スマホ」が「テレビ」を初めて上回る 博報堂「メディア定点調査2022」

172

2022年05月26日 11:54  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真東京のメディア総接触時間の時系列推移(1日あたり/週平均)
東京のメディア総接触時間の時系列推移(1日あたり/週平均)
 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所が25日、「メディア定点調査2022」を発表。15〜69歳の男女を対象にしたもので、2006年から行っている調査となるが「携帯電話/スマートフォン」(146.9分 昨年から7.7分増)が、今年初めて「テレビ」の接触時間(143.6分 昨年から6.4分減)を上回った。

【画像】サービス終了を発表したコンテンツ配信サイト「cakes」

 メディア総接触時間は445.5分(1日あたり/週平均)。コロナ禍のメディア環境を捉え過去最高を記録した昨年からは5.4分減少したが、高止まりで推移している。「雑誌」「タブレット端末」は微増。それ以外のメディアは減少した。メディア総接触時間の「携帯電話/スマートフォン」のシェア(33.0%)は「テレビ」のシェア(32.2%)を上回り、全体の1/3に迫る勢いとなる。

 テレビ受像機のインターネット接続率は昨年から5.6ポイント増加し、51.4%と過半数に達した。コロナ禍で急伸した民放公式テレビポータルTVerの利用率は、さらに伸長し、32.0%と初めて3割を超えた。一昨年から急速に伸長した定額制動画配信サービスの利用率は47.5%。微増ながら増加傾向は継続している。生活者のテレビ視聴の自由度は高まり、コンテンツの選択肢は飛躍的に増加し、テレビ受像機の活用もますます多様化していくことが予想される。

このニュースに関するつぶやき

  • 紅白も不要な時代になる訳だ
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(121件)

前日のランキングへ

ニュース設定