土屋鞄が“キノコの菌糸体”から作ったレザー代替素材を採用 ランドセルやカバンなどを試作

0

2022年05月26日 12:48  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真キノコの菌糸体からレザーのような素材ができる!?
キノコの菌糸体からレザーのような素材ができる!?

 ランドセルや鞄・革小物製造販売の老舗「土屋鞄製造所」が、キノコの菌糸体で作るレザー代替素材「Mylo(マイロ)」を使った商品を米バイオテック企業「Bolt Threads」と共同開発しました。Myloを採用したランドセル、鞄、小物など6種の試作品を発表しています。



【その他の画像】試作品の写真を見る



 「Mylo」は「マッシュルームレザー」ともよばれる新素材で、柔らかな手触りと上質感のある風合いが特長です。材料のキノコを作るのに必要なのは水と空気、菌糸体を育てる培地を覆うマルチング材のみ、キノコは2週間足らずの短期間で育てられるなどの理由で、安定した供給が見込めるとしています。



 土屋鞄は同社3ブランドの定番商品に「Mylo」を採用。「土屋鞄製造所(大人向け鞄)」のミニ財布「ハンディLファスナー」「スクエアバッグ」「スリムケース」、「土屋鞄製造所(ランドセル)」のランドセル、「objcts.io」の「バックパック ミディアム」、ショルダーバッグの「ウォレットバッグ」で試作品を制作し、「Mylo ハンディLファスナー」の年内発売を予定しています。



 6月9日から30日までの1カ月、土屋鞄製造所渋谷店で試作品6種を期間限定で展示。質感や風合いを、直接見て、触って確かめられます。


    ニュース設定