福岡PayPayドームがメタバース化 スマホからアクセス可能 AR演出のイベントも

0

2022年05月26日 12:52  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真バーチャルPayPayドームの外観
バーチャルPayPayドームの外観

 ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスが福岡PayPayドーム(以下、PayPayドーム)のメタバース化で協業。5月27日より2つの取り組みを実施する。



【その他の画像】



●バーチャルPayPayドーム



 バーチャルPayPayドームは、3Dオブジェクトで再現したPayPayドームに、スマホやPCの最新版のブラウザからアクセスし、PayPayドームの内外を3Dアバターで自由に散策したり、コロナ禍前の定番の応援スタイルだった「ジェット風船を飛ばす」といったアクションをしたり、ユーザー同士がチャットでやり取りをしたりできるサービス。



 両者は試合中に投手の投球を解析して、ほぼリアルタイムにボールの軌跡をバーチャル空間に再現可能な国内スポーツ界初の取り組みも実施する。



 今後も順次、再現する空間の拡張やアトラクションを追加する。将来的には現実空間で行われる福岡ソフトバンクホークスの試合をまるごとバーチャル配信する他、コンサートなどのエンタメコンテンツもバーチャルPayPayドームで再現するとしている。



 推奨環境は次の通り。



・iOS 13、iPhone X以降のSafari



・Android 10以降のGoogle Chrome



・Mac OSX 10.15以上のGoogle Chrome



・Windows 10のGoogle Chrome



●現実のPayPayドームでAR演出



 また、現実のPayPayドームでAR演出を楽しめるイベントを、5月27日から29日まで開催する。ドーム外周デッキの7ゲート付近にスマホを向けると、画面にソフトバンクホークスの公式VTuber、鷹観音海(たかみね・うみ)と有鷹ひな(ありたか・ひな)が現れ手を振る。PayPayドームを巡るツアーの参加者が練習中のグランドにスマホを向けると、練習中の選手情報が見られる他、球速、起動などの解析情報を実際の投球と重ね合わせて確認できる。



 両者は今後、PayPayドームでARを活用した周辺店舗との連携などにより、現実空間におけるメタバースの体験を充実させるとしている。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定