もちもち食感と食べ応えがたまりません…。京都・清水寺門前にある「大わらび餅」を、あつ〜い夏に食べてみたい

1

2022年05月26日 13:01  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

暑い日もだんだん多くなり、冷たいスイーツを食べたくなることが増えてきましたね。

そんな時におすすめしたいのが、わらび餅が評判を呼んでいる、京都・清水寺門前のカフェ「普門茶屋」。

5月24日(火)にリニューアルオープンしたばかりのこちらでは、食べ応えのある大きなもちもちわらび餅を味わえます。氷の上に乗った冷たいわらび餅は、食べるととっても気持ちが良さそう…!

清水寺から徒歩2分の場所にある「普門茶屋」

「普門茶屋」は、京都の観光名所・清水寺から歩いて2分の場所にお店を構えるセルフスタイルのカフェ。

看板メニューの「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU-」をはじめ、わらび餅を使ったデザートや特選抹茶を使用したドリンクなど、日本の伝統ある味わいを楽しむことができるお店です。

同店のわらび餅は、稀少な本わらび粉と蓮粉等を独自配合でブレンドしているため、コシが強くもちもちとした食感なんだとか。

氷の上に乗って出てくる冷たいわらび餅は、夏の暑い日にぜひとも食べたい一品です。

通常サイズの3倍の大きさにカットされた“大わらび餅”

普門茶屋の「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU- 」の『京きなこ&黒蜜』

看板メニューの「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU」は、清水寺の名前の由来となった“音羽の瀧の清らかな水”に見立てられたわらび餅。“清らかな水”と聞くだけで、もう美味しいのが伝わってきます…。

味は2種類。1つは、深く焙煎した香ばしい京きなこと、沖縄県産黒糖を使用したコクのある黒蜜をつけて食べる『京きなこ&黒蜜』(税込880円)。

普門茶屋の「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU-」の『抹茶きなこ&抹茶蜜』

もう1つは、特別な抹茶で仕立てた抹茶きなこと抹茶蜜をつけて食べる『抹茶きなこ&抹茶蜜』(税込990円)です。

どちらも食前に、北海道産小豆のあんことアイスクリームを挟んで食べる、「わらび餅最中」が楽しめちゃいます。

普門茶屋の「茶師十段の特選抹茶アイスパフェ 五重 -GOJU-」

そのほかにも、抹茶を贅沢に使用したアイスが主役の「茶師十段の特選抹茶アイスパフェ 五重 -GOJU-」(税込1100円)も用意されていますよ。

抹茶の旨味や苦み、色味を引き出すために、通常の2倍量がブレンドされているというアイスは、抹茶好きさんにはたまらないのでは?

抹茶が濃すぎると思う方でも、バニラアイスと一緒ならあっさりと食べ進められるはず。

特選抹茶の深い味わいがクセになりそう

普門茶屋の「茶師十段の特選抹茶 慶福 -KEIFUKU-」

ドリンクメニューにも特選抹茶が使用されていて、本来の味わいをたっぷり感じられます。

清水焼の抹茶碗で楽しめる「茶師十段の特選抹茶 慶福 -KEIFUKU-」(税込550円)は、しっかり京都を感じられそう。

普門茶屋の「茶師十段の特選抹茶ラテ 普福 -FUFUKU-」

抹茶ラテ、ほうじ茶ラテなどの定番メニューに加えて、柚子とレモンをブレンドした自家製の京レモネードなども取り揃えられているので、抹茶の苦みが得意でない方でもご安心を。

京都へ訪れた際には、ぜひ「普門茶屋」でお茶をしてみてはいかがでしょうか。冷たい大わらび餅やお店の雰囲気も相まって、くつろぎの時間を過ごせること間違いなしです。

お出かけの際は、感染症対策をお忘れなく。

普門茶屋 住所:京都市東山区清水2丁目246番地 営業時間:12:00〜17:30 普門茶屋 公式サイト https://fumon-an.co.jp/

このニュースに関するつぶやき

  • 今日はスーパーで買ったわらび餅を嫁さんと食べたんだが嫁さんは「こんな硬いわらび餅は本物じゃない」と強気なご意見�������� わしは硬めが好きだな…🤔
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定