庵野秀明氏が選んだ『ウルトラマン』ゴモラやスカイドン登場回など4エピソードを上映

122

2022年05月26日 16:43  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真庵野秀明セレクション『ウルトラマン』4K特別上映 6月3日より全国13劇場で開催決定(C)円谷プロ
庵野秀明セレクション『ウルトラマン』4K特別上映 6月3日より全国13劇場で開催決定(C)円谷プロ
 庵野秀明氏が企画・脚本を手がけ、斎藤工が主演した『シン・ウルトラマン』(樋口真嗣監督)のヒットを記念して、庵野秀明セレクション『ウルトラマン』4K特別上映を6月3日から12日までの10日間、全国13劇場で実施することが発表された。

【画像】上映されるエピソードに登場する怪獣たち

 この上映イベントでは、本作の企画・脚本を務める庵野氏が、『ウルトラマン』(1966年)からセレクトした4エピソード(下段に詳細)を、映画館の巨大スクリーンおよび迫力の4K映像でお楽しめる、ファン垂涎の企画。『シン・ウルトラマン』を観る前・観た後に庵野秀明セレクションもあわせて観ると、両者の世界をより深く楽しむことができる。

■庵野秀明氏セレクション『ウルトラマン』エピソード4作品

第18話「遊星から来た兄弟」
監督:野長瀬三摩地
脚本:南川竜・金城哲夫

「M5曲が初めて劇中にかかり、初めてウルトラマンがヒーローとして自覚的に描かれたエピソードだと感じています。発射と命中が同画面に収まっている近距離での夜のスペシウム光線が素晴らしく、4K大画面に映えるかと思い選びました」

第26話「怪獣殿下(前篇)」 
監督:円谷一
脚本:金城哲夫・若槻文三

「怪獣を特異なキャラクターとして子供視点も交えながらリアルに描いたエピソードだと感じています。M-4T2曲が流れカラータイマーの点滅音が響く中、ウルトラマンが美しくやられていく様が、4K大画面に映えるかと思い選びました」

第28話「人間標本5・6」
監督:野長瀬三摩地
脚本:山田正弘

「宇宙人を怪異なキャラクターとして人間を標本にするという恐怖をサスペンス的に描いたエピソードだと感じています。何はともあれウルトラマンの滞在時間が長くその分楽しめるのと、ダダに決まる蹴りの格好良さが、4K大画面に映えるかと思い選びました」

第34話「空の贈り物」 
監督:実相寺昭雄
脚本:佐々木守

「ウルトラマンの空想世界を自覚的に寓話として真面目に描いたエピソードだと感じています。映像は実世界の一部を意図して切り取り積み重ねて構成されている面白さが、4K大画面に映えるかと思い選びました」

※庵野秀明氏による作品選定に関するコメントを加筆(2022年5月31日)

このニュースに関するつぶやき

  • わかるぞexclamation 庵野 監督��� ナチュラルな ゴモラ の強さを堪能出来るのは『怪獣殿下(前編)』だから�Ϥ��� 大阪城をぶっ壊すのも悪くないけど、尻尾の切れた ゴモラ は、可哀想で見るに忍びない���ޤ��
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(71件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定