新木優子、働く女性のあこがれを体現 スタッフから10秒に1回…感嘆の声

2

2022年05月26日 17:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真27日発売の『Oggi』7月号に登場する新木優子
27日発売の『Oggi』7月号に登場する新木優子
 俳優・モデルとして活躍する新木優子が、27日発売のファッション誌『Oggi』(小学館)7月号に登場し、大人モードたっぷりの着こなしを見せる。

【表紙カット】表紙を飾るのは…シックな表情の滝沢カレン

 新木は今年29歳。昨年、8年間務めた20代のファッション誌『non-no』の専属モデルを卒業。今回、30代のファッション誌で、“かわいい”から“かっこいい”へ、表情も大人っぽく働く女性のあこがれを体現した。

 挑戦したのは「大人のデニム」。プライベートでも愛してやまないという生粋のデニム・ラバーという新木。「昔から収集していて今はヴィンテージも合わせて、40本ぐらい持っています」というほど。「ワードロープに不可欠な存在」と明かした。

 誌面では、通勤服でも活躍するシンプルスタイルや、流行のトップスに合わせた着こなしなど、シンプルな大人のデニムスタイルを雰囲気たっぷりに紹介。着こなしも表情もあまりの美しさにスタッフからは 10秒に1回、感嘆の声が飛ぶほど。

 上がってきた写真はさすがの出来栄えで、当初予定していたページ数を急きょ増やしたほどだ。デニムへのこだわりについては、「デニムに安定感があると、合わせは気分で楽しめる。だからデニムは“選び”をいちばん大事にしています」といい、最近、お気に入りのデニムも紹介している。

 30歳を前に女優としても新たな挑戦を続ける新木。6月17日公開の映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』では、「心に何かを抱えているミステリアスな女性」という難役に挑んでいる。「これまであまり演じることがなかった役柄で、オファーしていただいたのもうれしかったし、それ以上に監督がまず私の解釈や挑戦を見て、それに委ねてくださるのが何よりもうれしかった」と、演技の幅だけでなく、役者としてのこだわりも見せた。

 30歳の目標については、「壮大なヴィジョンというよりは、小さな目標がいっぱいあります。47都道府県を全て訪れてみたい、20代の積み重ねを糧にいつかは母親役を演じたい、など…。30歳は楽しみでしかない!」と、目を輝かせ「新しいおしゃれも新しい役柄への挑戦もいつも難しいと思うけど、自分を信じてがんばろうと臨んでいます!」とコメントしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 森下きゅんの好きなタイプらしい。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定