「意見が違う人=敵」ではない デリシャスパーティプリキュアが子どもたちに伝える“SNSとの接し方”

18

2022年05月26日 18:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真キュアスタにおいしいお店の情報を上げている華満らん
キュアスタにおいしいお店の情報を上げている華満らん

 まさかプリキュアで「厄介なフォロワーのせいでSNSを止めざるを得ないインフルエンサー」といった“現代のリアル”が描かれる時代が来るとは思っていませんでした。



【その他の画像】



 2022年のプリキュアは、インターネットの危険性やSNSとの向き合い方までもが描かれるようになり、その大切さを子どもたちに伝えているのです。



 「ごはんは笑顔」がキーワードの「デリシャスパーティ・プリキュア」(・は白抜きハートマーク、以降省略)が面白いのです。



 農林水産省も推しているこのアニメ、おいしそうにごはんを食べるプリキュアの描写や、作中で「料理を作る前には、必ずせっけんで手を洗うシーン」が挿入されるなど、料理に関する丁寧な描写が子どもたちや保護者にも大好評。子どもたちの「食育」の観点からも注目されています。



 そんなデリシャスパーティプリキュアは、「シェアする喜び」もテーマとなっています。その「シェア」の一つとして「情報のシェア」、すなわち子どもの「SNS事情」が丁寧に描かれているのも特徴です。



●プリキュアで描かれたSNSの危険性



 デリシャスパーティプリキュア第8話「ちゅるりん卒業!?おでかけ!おいしーなタウン」ではSNSの危険性と、その向き合い方についてのストーリーが展開されました。



 主人公の一人、華満らん(キュアヤムヤム)は食べ歩きが大好きな女の子。プリキュア界のインスタグラムのようなSNS「キュアスタ」においしいご飯やお店の情報を載せて人気を博していました。



 しかし、悪の組織ブンドル団が、そのSNS情報を利用してずっと悪事を働いていたことが判明します。悪用されるのを避けるため、華満らんは自身のキュアスタ更新を止めてしまいます。



 いわば「厄介なフォロワーにSNSの情報を悪用されたインフルエンサーが、SNSの更新を止めざるを得ない状況に追い込まれている」といったところでしょうか。



 SNSに情報をアップする行為は、たくさんの人に自分の好きなものをシェアできる利点がある一方で、情報を悪用する人も出てきてしまう危険性もある、というSNSの一面を子どもたちに伝えたのです。



 しかし、プリキュアたちの保護者的立場でもあるローズマリー(マリちゃん)にも諭され、「SNSは誰が見ているか分からないので注意する必要はあるけど、悪用するやつが悪いのであって、あなたが好きなものを辞める理由にはならない」と結論付けたのです。



●「意見が合わない=敵」ではない



 また第9話「かみ合わないふたり?ここねとらんの合わせ味噌!」で描かれた、「キュアスタのアイコンをどうするかでプリキュア2人が対立してしまう」のも現代風の描写です。昨今のプリキュアでは、ケンカの原因もSNSの世界にあるのです。



 そんなときもローズマリーさんは「意見を合わせるのではなく、思っていることを言い合える仲はすてきである」と結論づけました。



 マリちゃん「あら。思ったことを言い合えるなんてすてきじゃない。何でも相手に合わせていたらそれこそいい関係とは言えないもの」デリシャスパーティプリキュア第9話「かみ合わないふたり?ここねとらんの合わせ味噌!」より



 特にSNSの世界では「意見が合う=味方」「意見が合わない=敵」と見なしてしまう傾向が強くあります。



 空気を読んで本意でないのに周りの意見に同調してしまったり、意見が合わない人を敵と見なして攻撃してしまったりするのもSNS上では良くみられる光景です。



 「意見が合わない人でも友達である」「意見が違うからこそ、自分にない世界を広げてくれる」、つまりはお互いに意見を言い合い尊重できる姿こそが良い関係である、とデリシャスパーティプリキュアでは描かれたのです。



 本作においては、ローズマリーさんというクィア的、ノンバイナリー的なキャラクターにそれらを伝える役割が与えられ、いわゆる説教臭さも少なくコミカルに大切なことを子どもたちに伝えられているのも特徴の一つです。



●プリキュアはSNSを肯定的に描き続けている



 2015年以降のプリキュアシリーズでは、プリキュアたちは普通にスマートフォンを所持し、インターネットやSNSを使用する描写も数多く見られるようになりました(それまでは異世界の謎アイテムで通信していました)。



 例えば2020年「ヒーリングっどプリキュア」の平光ひなた(キュアスパークル)。彼女のスマホにはネコミミ型のカバーがついていて、TikTok(風のアプリ)に動画投稿したり、勉強中にゲームアプリの星5が出ないと嘆いたり、またTwitter(風のアプリ)の投稿情報を元に敵の位置を割り出したりと、今どきの女子中学生として描かれました。



 今やプリキュアたちが日常的にインスタグラム、YouTube、TikTok(風のアプリ)に投稿したり楽しんだりしている場面が描かれるのも当たり前となっているのです。



 プリキュアの世界においては、インターネットやSNSは否定的に描かれるのではなく、むしろコミュニケーション上大切なものである、というスタンスをとっています。



 当然、それを視聴している子どもたちはインターネットやSNSに大きな憧れを抱きます。だからこそ、SNSに潜む危険性も描かれる必然性が出てくるのです。



●未就学児のインターネットの危険への啓発は10%未満



 2022年の日本において、小学生低学年の女子の約2割、小学生高学年女子では約4割がスマートフォンを持っているというデータがあります。小さな子どもたちがスマホを持つことはもはや当たり前になりつつあるのです。



 この先、スマホを持つ年齢はさらに低年齢化が進み、未就学児にも及ぶのと思われます。



 内閣府の調査「令和元年度 青少年のインターネット利用環境実態調査調」内の子どものインターネットの利用状況によると、5歳児の60.5%はインターネットを利用している、というデータもあり、今やインターネットは未就学児にも当たり前のものとなりつつあります。



 そんな中、大人がしっかりと教えないといけないのは「インターネットの危険性」です。



 しかし、同調査の「子どものインターネットの危険性に関する啓発や学習の経験」によると、5歳以下の子どもが「インターネット上の不適切なサイトやネットイジメなどの啓発や学習」を受けたのは10%未満と、プリキュアを視聴しているであろう未就学児はインターネットの危険性についてほぼ学んでいないのが現状です。



 この先、インターネットやSNSの世界に否応無しに入っていかざるを得ない子どもたち。無邪気に足を踏み入れるのはとても危険なこの世界に対し、プリキュアというアニメを通して「インターネットやSNSの危険性」を伝えると同時に「正しく使えば、とても楽しいものである」ということを伝えているのはとても有意義なことだと思います。



 リアルの世界と同様に、SNSの世界でも「自分の意見をしっかり持ちつつ、意見が異なる相手も否定しない姿勢」が大切であることをプリキュアが教えてくれる時代なのです。



 現在放送中の「デリシャスパーティプリキュア」は、プリキュアシリーズでは初のAmazon Prime Video、NETFLIX、dアニメストアほか各種見放題配信サービスでも見逃し配信中です。



「デリシャスパーティプリキュア」毎週日曜8時30分よりABC・テレビ朝日系列にて放送中(C)ABC-A・東映アニメーション



●著者:kasumi プロフィール



プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。


このニュースに関するつぶやき

  • 「意見を合わせるのではなく、思っていることを言い合える仲はすてきである」← 本音をぶちまけ過ぎて争いが絶えないのも現実って気がする...
    • イイネ!3
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(10件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定