「ピアノの鍵盤」「トイレのタイル」イランで人工歯(ベニア)を入れた英女性に爆笑コメント殺到<動画あり>

0

2022年05月26日 21:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真イランで施術前のアイーダさん(画像は『Aida 2022年5月25日付TikTok「DONT MAKE MY MISTAKE」』のスクリーンショット)
イランで施術前のアイーダさん(画像は『Aida 2022年5月25日付TikTok「DONT MAKE MY MISTAKE」』のスクリーンショット)
イランで人工歯(ベニア)を貼り付ける施術を受けた女性が、施術途中の衝撃映像をTikTokに投稿したところ大きな反響があった。女性の歯は自然な仕上がりとはほど遠く、コメント欄には「まるでピアノの鍵盤!」といった爆笑コメントが相次いだ。

【この記事の他の写真を見る】

英ロンドンに住むアイーダ・アジジさん(Aida Azizii)が今月24日、TikTokにイランで施術を受けたというべニアの動画を投稿したところ、一日で再生回数が720万回を超えた。

動画はイランの審美歯科で撮影したもので、凄まじい形相のアイーダさんが口を開け、4本だけベニアを貼った歯を見せており、「施術を受ける前にリサーチをして!」と言葉が添えられている。

アイーダさんが受けた施術とは、見た目を改善するために歯の表面に“コンポジットレジンベニア(歯科用複合プラスチック)”を貼り付けるもので、歯の表面を削らずに比較的安価で歯の修復が可能なため人気である。

しかしアイーダさんの歯はベニアを貼った部分だけ真っ白であまりにも不自然だったため、TikTokの動画には次のようなコメントが続出した。

「まるでレゴブロックのよう。」
「ピアノの鍵盤に似ている。」
「歯がむき出しになったロバだね。」
「アクリル製の人工爪のようだ。」
「パールのような色合い。偽物だとすぐ分かる。」
「4本だけで止めたのよね?」
「学校にチョークがないから、その歯を貸してくれない?」

そしてこの投稿の直後、アイーダさんは経過について更新し、「結局途中で止めるわけにもいかず、全ての歯にベニアを貼ってもらったわ。でも施術後は食事ができなくなってしまったの。奥歯の噛み合わせが悪いうえ、就寝中は口を閉じることができず唇が常に乾燥するようになってしまったのよ!」と散々な結果に終わったことを報告した。

さらにアイーダさんは「実は施術中、施術者に手を取ってプロポーズされたの!」と告白し、「最悪なことにこの男、アシスタントの女性と婚約中だったの。プロポーズしたことを知った女性は私に怒鳴りつけてきたわ」と続けた。

アイーダさんはこの施術者に約8万円(500ポンド)を支払ったものの、後になって歯科医師だと思っていたこの男が大学生であったことを突き止めたそうで、「ロバのような歯になってしまったから、別の歯科医で約3万2000円(200ポンド)を払って改めてベニアを装着してもらったの。あの時は勢いでベニアを入れてしまったけど、しっかり計画を立てるべきだったわね」と猛省したことを明かしている。


なお大学生が貼ったべニアの歯には「思ったほど悪くない」「私もイランでベニアの施術を受けたけど、問題なかった」という声がある一方で、「食事ができないとなると問題」「口を閉じることができないって、ベニアは薄いはずでは?」「詐欺だね」「これは酷い」「四角いチューインガムを貼ったよう」「白いトイレのタイルだね」「やっぱりピアノの鍵盤」「値段相応では」といったネガティブなコメントが目立ったようだ。


ちなみに2020年には、ネットで約500円で購入したべニアで口が閉まらなくなってしまった女性が注目を浴びた。また今年3月にも、歯並びに10年悩んだという女性がベニアを貼り付けたところ「馬のようだ」と話題になった。



画像は『Aida 2022年5月25日付TikTok「DONT MAKE MY MISTAKE」、2022年5月24日付TikTok「Do we need a story time?」「Reply to @superfuture_nails」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)
    ニュース設定