27日(金) 東海〜北海道 大雨の恐れ 土砂災害に警戒・注意

1

2022年05月27日 05:41  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真27日(金) 東海〜北海道 大雨の恐れ 土砂災害に警戒・注意
27日(金) 東海〜北海道 大雨の恐れ 土砂災害に警戒・注意

きょう27日(金)は、東海から北海道は、発達した雨雲がかかり、大雨の恐れがあります。風も強めに吹くでしょう。



●27日(金) 東海〜北海道は雨 雷を伴って激しく降る所も 大雨の恐れ


きょう27日(金)、上空に強い寒気を伴った低気圧、いわゆる寒冷渦が日本海に進む見込みです。本州付近を気圧の谷が通過するでしょう。伊豆諸島付近の別の低気圧が、北東へ進む見込みです。気圧の谷や低気圧に向かって、日本のはるか東に中心を持つ高気圧周辺の暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。このため、東海や関東を中心に大気の状態が非常に不安定になる見込みです。


東海や関東、東北、北海道では雨雲がかかり、大雨の恐れがあります。東海は昼頃まで雨が降る見込みです。朝まで雷を伴って、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所があるでしょう。午後は次第に晴れる見込みです。関東は夕方にかけて雨でしょう。所々で雷が鳴り、激しい雨が降る見込みです。道路が川のようになることもあるでしょう。東北は、日中を中心に雨が降り、太平洋側では、局地的に雷を伴って激しく降る見込みです。北海道は、午後を中心に雨や雷雨でしょう。激しい雨が降る所がある見込みです。雷雲の周辺では、竜巻など突風が発生することもあります。特に東海や関東で注意が必要で、雹(ひょう)が降る恐れもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、直ちに建物の中など安全な場所に移動してください。東海から北海道では、広く南または東よりの風がやや強く吹く見込みです。


東海や関東はきょう27日(金)、東北と北海道の太平洋側ではあす28日(土)にかけて、雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨や50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。28日(土)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、北海道地方         150ミリ関東甲信地方・東海地方   100ミリ東北地方           80ミリ土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。


九州や中国地方は、朝から日差しが届くでしょう。四国は、朝まで雨が降る所がありますが、昼前から晴れる見込みです。近畿は、朝まで雨や雷雨の所があるでしょう。日中は天気は回復し、晴れ間が出る見込みです。北陸は、午前中は雨が降り、朝は雷を伴って激しい雨が降る所があるでしょう。午後は次第に日が差す見込みです。


●27日(金) 沖縄は梅雨前線の影響で大雨


沖縄から日本の南に、梅雨前線が停滞する見込みです。沖縄は、雨や雷雨でしょう。午前中を中心に激しい雨が降る所がある見込みです。宮古島地方では、これまでの雨で、地盤が緩んでいる所があります。土砂災害に警戒してください。前線の活動の程度によっては、沖縄本島地方と八重山地方でも警報級の大雨の恐れがあります。あす28日(土)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で先島諸島   80ミリ沖縄本島地方 60ミリ


このニュースに関するつぶやき

  • おはよう。今週もあと一日頑張って行こう��
    • イイネ!12
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定