『耳をすませば』原作者・柊あおい氏、実写映画「10年後の物語」を「見守る思い」

6

2022年05月27日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真第2弾ティザービジュアル=清野菜名・松坂桃李主演、映画『耳をすませば』10月14日公開 (C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会
第2弾ティザービジュアル=清野菜名・松坂桃李主演、映画『耳をすませば』10月14日公開 (C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会
 清野菜名&松坂桃李がダブル主演する映画『耳をすませば』(10月14日公開)より、第2弾ティザービジュアル、初解禁となる場面写真、そして、原作者の柊あおい氏からコメントが到着。劇中歌として「翼をください」が使用されることも発表された。

【画像】清野菜名・松坂桃李の場面写真など

 本作は、1989年より柊あおいが少女コミック誌「りぼん」(集英社)で発表した同名青春恋愛漫画が原作。読書が大好きな中学生の女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に想いを寄せていくストーリーで、1995年にスタジオジブリがアニメ映画化し大ヒットを記録した。ジブリのアニメ映画は地上波でも度々放送され、青春映画の金字塔として世代を超えて愛されている。

 実写映画では、漫画・アニメ映画で描かれた中学生の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わり二重構造で描かれる。大人になった雫を清野、聖司を松坂が演じる。中学時代の雫は安原琉那、聖司は中川翼が演じる。

 ティザービジュアル(第2弾)は、中学生時代の雫と聖司が自転車に乗って土手の上を走っているシーンと、10年後に二人が再び同じ場所に立ち、向かい合っているもの。10年の月日が経ち、街の風景と同じく二人の関係にもどのような変化が起こったのか、思いを巡らせたくなるビジュアルとなっている。

■原作者・柊あおい氏のコメント(全文)

 「耳をすませば」を描いて33年、アニメ映画化から27年。映画を観て育ったスタッフの人々の熱い想いを伺って、「10年後の物語」という新しい切り口に興味をひかれました。今、新たな実写映画が生まれて、すっかり原作者の手を離れて歩いているキャラクターたちが不思議です。けれども、どんな世界を見せてくれるのかドキドキワクワク見守る思いは、やっぱり親なのでしょうね。思わぬパンデミックで暗い世相になってしまいましたが、この映画で少しでも世界が明るくなればと願っております。

このニュースに関するつぶやき

  • 『耳をすませば』、僕は名作だと思っておりますので、無理に続編なんか作り出さず、そっとしておいて欲しかったです。。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定