北九州の橋の上には、「ペンネの怪人」が並んでいる―― 彼らは一体ナニモノ?市役所に聞いてみた

0

2022年05月27日 08:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真北九州の橋の上には、「ペンネの怪人」が並んでいる―― 彼らは一体ナニモノ?市役所に聞いてみた
北九州の橋の上には、「ペンネの怪人」が並んでいる―― 彼らは一体ナニモノ?市役所に聞いてみた

北九州市には「怪人」がいる──。

2022年5月、そんな噂がツイッター上に流れ、話題になっている。

不審な人物でも出現したのだろうか。いや、どうもそういう訳ではないらしい。気になる「怪人」の姿が、こちらだ。

頭が......マカロニ?(画像は北九州市・都市再生企画課より、以下同)
頭が......マカロニ?(画像は北九州市・都市再生企画課より、以下同)

全身真っ白な胴体に、頭の部分がマカロニかペンネのような形になっている人型のオブジェ。なんとも不思議なシルエットは、まさに「怪人」。しかも、よく見ると1体だけでなく複数いるようだ。

一体こいつはナニモノなのか? シュールすぎる「怪人」の姿に、ツイッター上ではこんな声が挙がっている。

「GANTZの敵にいそう」
「歩くペンネ」
「地元で訳分からんものランキング堂々の第1位なんよな」
「これ子供の頃マジで化け物の類だと思ってた」

どうやら、地元でも謎を感じている人がいるようだ。

Jタウンネット記者は24日、「謎の怪人」の正体を知るため、北九州市役所を取材した。

正式名称は「宇宙七曜星の精」

取材に応じた同市都市再生企画課の担当者によると、この「怪人」たちの正式名称は「宇宙七曜星の精」。

1992年、市役所近くを流れる紫川にかかる中の橋、通称「太陽の橋」に設置されたオブジェで、全部で7体いる。市が運営するwebサイト「北九州市 時と風の博物館」に投稿されている情報によれば、春分や秋分の頃になると、太陽の光が頭の空洞を通り、歩道上に北九州の市の花である「ひまわり」の形をした影ができる時間帯があるそうだ。

紫川に架かる「太陽の橋」
紫川に架かる「太陽の橋」

それにしても、一体どうしてこんなオブジェを設置することになったのか。Jタウンネット記者が聞いてみると、担当者はこう語った。

「1992年に、市の方で紫川周辺を綺麗に整備しようという大きな取り組みを行ったんです。その一環で中の橋をリニューアルする際に、『市役所の近くの橋だから、何かシンボルになるものが欲しいよね』ということで、当時はまだご存命だったグラフィックデザイナーの福田繁雄さんという方にデザインを手掛けてもらい、設置しました」(担当者)

そうして誕生した「宇宙七曜星の精」は、その独特なシルエットのせいか地元民からは様々な愛称で呼ばれているそう。

「よく言われているのは『マカロニ星人』です。他にも『ペンネ』とか『ちくわ』なんて呼び方もあるようですね」(担当者)

なお、冬場にはオブジェが靴下を履かせてもらっていることもあるらしい。

靴下履いてる(画像は22年2月、編集部撮影)
靴下履いてる(画像は22年2月、編集部撮影)

これについては、「誰がやっていることなのかはわからない」そうだ。

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定