大人の印象の9割は髪で決まる! 大人気ヘアサロンが教える若見えヘアスタイリング

1

2022年05月27日 11:11  ダ・ヴィンチWeb

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチWeb

写真大人のヘアスタイリングの教科書
大人のヘアスタイリングの教科書

 マスク生活が当たり前の今、印象の9割は髪で決まるといっても過言ではありません。「自己流のスタイリングではどこかあか抜けなくてイマイチ…」「いつも印象が同じでマンネリ化してきたな…」と思っている人もいるはず。

『大人のヘアスタイリングの教科書』(GARDEN/主婦の友社)は、簡単なテクニックでもあか抜け&褒められヘアになれる1冊。“髪美人”に変身できるスタイリングを丁寧にレクチャーしてくれます。

 原宿をはじめ銀座やNYなどへ展開している大人気ヘアサロン・GARDENが教えるのは「意外と知らないヘアスタイリングの基本」。独自のテクニックで、瞬時に誰でも髪美人になれるコツを解説しています。

 本書は、大人の忙しい生活でも短時間で真似できるヘアスタイルを多く収録しています。「朝の3分スタイリング術」では、ただ下ろしているだけなのにこなれて見えるヘアスタイルを紹介。写真つきのスタイリング方法をレングス別に掲載しているので、自分に合うスタイルがきっと見つかるはずです。

 さらに「5分ヘアアレンジ」では、さりげないのにおしゃれなヘアアレンジを公開。たとえば、ハーフアップは後頭部のボリュームがなくなりぺたんこになりがちですが、毛束を引き出して分け目を隠すとふっくらして品のある仕上がりになります。

大人のヘアスタイリングの教科書 p.80~81

 前髪アレンジも11バージョン収録されていて、乾かし方ひとつで印象をガラッと変えることが可能。なんとなく飽きてしまった毎日のスタイルにメリハリがついて気分も上がります。

大人のヘアスタイリングの教科書 p.48~49

 いつものスタイリングがランクアップする「ヘアアイロンの基礎&巻き方」も外せません。年齢で失われがちなツヤとハリを引き出すためにはヘアアイロンの使い方が肝心です。「ふんわりさせるには内側から何度も手ぐしを通す」「強く巻きすぎたらドライヤーの熱でのばす」など、アイロンやコテに抱きがちな苦手意識をなくすコツが学べます。

大人のヘアスタイリングの教科書 p.114~115

 それに合わせて知っておきたいのが普段のヘアケア方法。扱いにくくまとまらない髪の悩みを解決する方法がわかります。シャンプーひとつとってもなんとなくテキトーに洗って乾かすのと、サロンのやり方を意識するのとでは大違いです。

 たとえば、シャンプーの前には丁寧にくまなくブラッシングし、頭皮をまずお湯だけでしっかり洗うことが肝心です。スタイリング剤や髪についた汚れのほとんどはぬるま湯で落とせます。シャンプーの際は小刻みに下から上に洗うことでしっかり地肌を洗えてニオイのもとまでオフが可能。

大人のヘアスタイリングの教科書 p.62~63

 髪は頭皮や毛穴につまった汚れを落とすことでボリュームが出やすくなりますし、次に生えてくる髪も元気になります。ヘアケアをスキンケアと同じように大事に捉えてお手入れすることが重要です。

 普段マスクで顔が隠れている分、その人の印象は髪型に大きく左右されるもの。ヘアスタイリングのちょっとしたポイントを押さえるだけであか抜け&こなれ見えを実現できます。印象がグッと若返る最強テクニックを本書で学んでみませんか?

文=ジョセート


動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定