セパ首位対決はヤクルトに軍配! 塩見「意識してた」4打席連発ならず

11

2022年05月27日 21:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト・塩見泰隆
ヤクルト・塩見泰隆
● 楽天 1 − 8 ヤクルト ○
<1回戦・楽天生命パーク>

 セパ両リーグの首位チームが激突したカード初戦は、ヤクルトに軍配。塩見泰隆が3打席連続ホームランで猛打賞・5打点と躍動した。

 塩見は今季初めて「2番・中堅」で先発起用され、初回一死無走者の第1打席に瀧中の142キロの直球を左翼席に放り込み6号先制ソロ。同点とされた直後の2回は8番・濱田太貴の勝ち越しソロ後、一死一・二塁で打席に入り、カウント3−1から外角直球を右中間席へ運んだ。

 自身初の2打席連発で勢いに乗る男は、5回一死無走者の第3打席でも1ボールから2球目のスライダーを振り抜き、今度はバックスクリーン左へ8号ソロ。レフトへ、ライトへ、センターへ、持ち前のパンチ力で5打点を叩き出した。

 日本タイ記録の4打席連発への期待がかかるなか、6回の第4打席は2番手・酒居知史と対戦し、2球目の真ん中低めの直球に反応するもファウル。最後はカウント2−1からフォークで遊ゴロに打ち取られ、快挙とはならなかった。

 ヤクルトは先発の高橋奎二が初回こそバタついたものの、2回以降は立て直して8回4安打1失点、1死球10三振の内容で今季4勝目。“ミスタートリプルスリー”山田哲人がスタメンから外れた一戦で、2番・塩見がチームを牽引する働きを見せ、パ・リーグ首位チームに快勝を収めた。

 塩見は試合後のヒーローインタビューで、「(山田)哲人さんが4打席連続やってて、結構意識してた。絶対甘いボールくるよって言われて、(実際に)きたんですけどとらえきれなかったというのは自分の実力の無さ。また練習して頑張っていきたい」と、さらなる高みを見据えた。

このニュースに関するつぶやき

  • 高津監督はケガや疲労を溜めないように選手を順番に休ませる能力が抜群だと思いますɽ��ʴ򤷤���
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定