HJCヘルメット、FPSゲームのCall of Dutyとコラボ。サム・ロウズがMotoGP第8戦イタリアGPで“ゴースト”ヘルメット使用

1

2022年05月28日 01:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真サム・ロウズが使用するCall of Dutyとのコラボヘルメット/2022MotoGP第8戦イタリアGP
サム・ロウズが使用するCall of Dutyとのコラボヘルメット/2022MotoGP第8戦イタリアGP
 5月27〜29日、イタリアのムジェロ・サーキットで2022年MotoGP第8戦イタリアGPが行われているが、Moto2クラスに参戦しているサム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)がスペシャルヘルメットを使用している。

 ロウズは2022年から韓国のヘルメットメーカーであるHJCヘルメットと契約を締結した。そのため、今年からFIM(国際モーターサイクリズム連盟)で承認を受けたHJCヘルメットのフルフェイスである『RPHA 1』を使用している。

 そんなロウズは、MotoGP第8戦イタリアGPで、世界的に人気のミリタリーのファーストパーソン・シューティングゲーム(FPSゲーム)である『Call of Duty』とコラボしたヘルメットを使用する。

 先日、Call of Dutyシリーズの最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2(Call of Duty: Modern Warfare II)』が2022年10月28日に発売されることが発表されており、ヘルメットには登場するキャラクターのサイモン・“ゴースト”・ライリーのデザインが施されている。

 HJCヘルメットは、ホルヘ・ロレンソがHJCヘルメットを使用していた2013年にはコール オブ デューティ ゴーストの発売タイミングで、2014年にはコール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェアの発売タイミングでコラボヘルメットをお披露目したことがあった。

このニュースに関するつぶやき

  • 私は ここのメーカーのヘルメットは被らないだろうなロレンソがレース中 内装がズレたりシールドがくもったり ちょっと信用ならない
    • イイネ!2
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定