フェルスタッペン、首位から0.447秒差の4番手「バランスを改善すれば速くなる」1コーナーが課題と代表/F1第7戦金曜

1

2022年05月28日 09:20  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年F1第7戦モナコGP マックス・フェルスタッペン、クリスチャン・ホーナー代表、セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第7戦モナコGP マックス・フェルスタッペン、クリスチャン・ホーナー代表、セルジオ・ペレス(レッドブル)
 2022年F1モナコGPの金曜、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=4番手/2=4番手だった。FP2では、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が記録したトップタイムとの差は0.447秒だった。

 チーム代表クリスチャン・ホーナーは、「問題なのはターン1だけだ。そこがうまくいくようにすればいい」とコメントしている。
「いくつかセットアップ変更をした結果、彼は前のセッションほどマシンに満足していなかった。だが我々はうまくやれるはずだ」

「午前のセッションでも午後のセッションでも、彼はあのコーナーでのバランスに完全には満足していなかった。今日たくさんのデータを集めたので、明日に向けて修正できるだろう」

■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
フリー走行1=4番手(1分14秒712:ミディアムタイヤ/26周)/2=4番手(1分13秒103:ソフトタイヤ/33周)

 今日はセットアップでさまざまなことを試し、マシンの挙動を確認した。FP2よりFP1の方がマシンに満足できていた。バランスを向上させることができれば、コーナーをもう少し攻めることができて、ラップタイムが改善するだろう。

 フェラーリと比較すると、僕たちがもっとペースを見つけなければならないのは明らかだ。これから微調整し、もっと良いバランスを見つけ出す必要がある。

 新世代のマシンになったので、今年のモナコはこれまでと違う感じがする。今年のマシンは重量が増し、ペースが遅くなったし、マシンが硬くなったためによりバンピーに感じる。でも目まぐるしいラップであることは変わりがないし、明日の予選が楽しみだ。

このニュースに関するつぶやき

  • やはり今回もフェラーリ対レッドブル。予選がすべてのモナコだが、セーフティーカーは入るだろうからピット作業が重要、決勝は雨の予報も!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定