小島よしおや平野ノラ、「一発屋」とは何が違うか 強烈なキャラやギャグの芸人が激減した理由

47

2022年05月28日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真「そんなの関係ねえ」の小島よしお
「そんなの関係ねえ」の小島よしお
 お笑いコンビ・ピスタチオが5月31日をもって解散することが発表された。伊地知大樹と小澤慎一朗の2人から成るピスタチオは、不気味な衣装と髪型の2人が独特の間合いで会話を進めて、ときどき白目をむく「白目漫才」で注目され、2015年頃に大ブレークした。


 同時期に人気を博したバンビーノ、クマムシ、8.6秒バズーカーと4組で全国5都市を回る「OPARTY」というライブが開催されたこともあった。


 彼らは、ネタの中ではまともに話すこともおぼつかない不気味なキャラクターを演じていたため、ネタ以外の場面でそれを上手く生かせずに苦労しているように見えた。


 ネタをやれば盛り上がるのだが、普通に話すときにはそのキャラクターを封印することになるので、見る側に違和感を与えてしまう。2人が作り上げたキャラクターの完成度が高かったからこそ、そこに足を引っ張られたようなところがあった。


 特に伊地知は「元No.1ホスト」という異色の経歴を持つ自他ともに認めるチャラ男芸人であり、ネタのキャラクターと本人の実像のギャップが大きかった。コンビとしての人気がやや落ち着いてからは、個人で恋愛相談ライブや婚活イベントなどの仕事を行っていた。


 ピスタチオのように特定のネタやキャラクターで注目されて一時的に絶大な人気を博した芸人は、世間では「一発屋芸人」などと呼ばれることもある。


 悪い意味で使われることが多い言葉ではあるが、プロの芸人の間では一発でも当てた人は尊敬の対象になる。ほとんどの芸人は一発も当てられないまま去っていく厳しい世界であると誰もが身にしみてわかっているからだ。「一発屋芸人」は広く世間に届く何らかのものを残した実績のある芸人であり、無条件でリスペクトされる存在なのだ。


 そんな「一発」を見事に当てた芸人が、二発目を当てるのは本当に難しい。ただでさえ大ヒットするネタを作るのは大変であるのに、すでに当てている人はそのイメージが世間に浸透しているため、別のことをやると違和感を持たれやすいのだ。



 だからこそ、一発目を当てた後で、元のキャラクターを少しずつ薄めていった上で、徐々に別の路線に切り替える人が多い。


 たとえば、バブル芸人としてブレークした平野ノラは、少しずつ派手なメイクを薄めて、バブルファッションの肩パットを小さくしていき、今では普通の格好でテレビに出るようになった。「そんなの関係ねえ」というフレーズで一世を風靡した小島よしおも、裸になって勢いまかせのネタを披露する機会は減り、最近ではYouTubeの子ども向け勉強解説動画などで話題になっている。


 最近のお笑い界では、新しく出てくる若手芸人の数が増えている割に、いわゆる「一発屋芸人」のようなタイプの人が激減している。「新語・流行語大賞」に芸人のギャグがノミネートする機会もほとんどないし、強いキャラクターやギャグを押し出して爆発的に売れている人も見当たらない。


 いま人気を博している若手芸人の大半は、『M−1グランプリ』などのお笑いコンテストで決勝に進んだりして、たしかな実力が認められている人である。ネタもトークも面白くて地に足のついた総合的なお笑い能力の高い芸人が、そのまま正当に評価されているようなところがある。


 なぜそうなったのかということにはいくつかの理由が考えられるが、最も大きいのはテレビバラエティ業界の構造的な変化だろう。一昔前のテレビでは、芸人が一度に大量に出ている「ひな壇番組」が多く、そこで活躍するのはある程度のキャリアがある中堅芸人が中心だった。


 新しく出てきた若手芸人はそんな中堅芸人たちの輪の中に入ることができず、苦戦を強いられた。そのため、強烈なギャグやキャラクターを持っている人でないと、そもそも相手にしてもらえないようなところがあった。


 一方、現在では、バラエティ番組の形式が多様化していて、お笑い要素の強い番組も増えた。テレビ業界が若い視聴者を積極的に取り込む方向にシフトしたため、実力のある若手芸人が正当に評価されるようになってきた。


 大きい「一発」を当てる人がいた時代というのは、悪く言えばテレビが芸人を使い捨てにする風潮があった時代でもある。今は面白ければそれなりに認められるし、評価される。現場にいる芸人にとっては良い時代であるとも言えるが、「本物」だけが求められる厳しい時代でもあるということだ。(お笑い評論家・ラリー遠田)



【おすすめ記事】カンニング竹山「売れっ子・出川哲朗がバラエティー収録でスタッフを怒った理由」


このニュースに関するつぶやき

  • 飽きるからでは これからは M.C.できる方 強いと思う�ŵ�
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(37件)

ニュース設定