結婚したら「愛情」は変化する? 一見、温厚な男女が不倫してしまう心理

9

2022年05月28日 14:22  マイナビウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビウーマン

写真結婚したら「愛情」は変化する? 一見、温厚な男女が不倫してしまう心理
結婚したら「愛情」は変化する? 一見、温厚な男女が不倫してしまう心理

収入面や条件など、さまざまな形で成立する「結婚」。ですが、根本的には純粋にお互いのことを「好き」であることが最条件であると私は感じています。

たとえその「好き」が打算的なものであったとしても、憎いと感じている相手とは寝食を共にすることができるはずがありません。

けれど、相手に対する想いは日々変化し、年月が経つと結婚当初に感じていた想いとはかけ離れてしまうかもしれません。

もちろんそれも覚悟した上で結婚をするのですが、いざ当事者となると受け入れることは難しいようです。

今回ご紹介する『あなたには帰る家がある』は、山本文緒さんの人気長編小説です。発売当時はこれまでにない「不倫小説」として大ブームとなり、ドラマ化もされました。不倫をテーマにした本作ですが、登場人物である2組の夫婦の人間物語を深く描いていて、改めて夫婦とは何かを強く考えさせられる作品です。

■今回の教科書 山本文緒『あなたには帰る家がある』

物語は那須田家、佐藤家という2組の家族の出会いから始まります。

中堅のハウジングメーカーで働く佐藤秀明は、2歳年上の真弓と結婚しています。結婚前はいわゆる「バリキャリ」であった真弓は気が強く、自分とは真逆の温厚な性格である秀明にストレスを感じており、秀明も同様に、子育てでイライラしている真弓に対してうんざりしていました。

対する那須田家の夫・太郎は中学の社会科教師。高圧的で僻みっぽい性格をしています。対する妻である綾子は控えめでおっとりとしていて、健康志向で家事も家族も大好き。

そんな秀明と綾子が知り合い、二人は恋に落ちます。

きっかけは秀明の一目惚れでした。建て替えを検討していた那須田家は、秀明が働くモデルハウスを訪問します。妻の真弓とは異なり柔らかな雰囲気の綾子に惹かれ、綾子は物腰が柔らかい秀明に一目惚れしました。

秀明、綾子はそれぞれ互いに「家庭にはないもの」を見つけ、惹かれあいます。

その気持ちは止まることを知らず、秀明は綾子に触れたい気持ちを抑えられなくなりました。そのシーンが、普段だったら絶対見られない綾子の無防備な姿でした。

モデルハウス訪問から親しくなった那須田家と佐藤家。ある日太郎に強引に飲みに誘われ、下戸の秀明は気がつくと那須田家にいました。

朝になっても酔いが覚めず、トイレで嘔吐していた秀明に気づき、綾子は声をかけます。普段決して見ることができない無防備なパジャマ姿の綾子を見た秀明は、かわいらしい彼女の姿を見て、つい抱き寄せてしまいます。

そして綾子も、抵抗することなく彼の腕を受け止め、抱きしめてしまうのでした。

■小さな歪みが、大きな溝に

逢瀬を重ねるようになったふたりですが、物語は思わぬ方向に進み、最後はいわゆる不倫の「修羅場」となります。

また、貞淑な妻に見えた綾子も、実はとある重大な秘密を抱えていて……。。

家族になったり、交際が長くなるとどうしても遠慮がなくなってしまい、小さな歪みが次第に肥大し、結果、家庭の外に拠り所を求めてしまうのかもしれません。

大切なパートナーにいつも触れたくなる、触れてもらいたくなるような自分でいられるよう、改めて相手を大切にするきっかけになる作品です。

(文・イラスト:いしいのりえ)

元の記事はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 結局金で繋がれた契約関係でしかないってことよ
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

前日のランキングへ

ニュース設定