廣瀬陽子教授が読み解く フィンランドが集団防衛を決断できた理由とは

12

2022年05月28日 18:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真廣瀬陽子(ひろせ・ようこ)/政治学者。慶應義塾大学総合政策学部教授。専門は国際政治、コーカサスを中心とした旧ソ連地域研究。著書に『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』など(写真/本人提供)
廣瀬陽子(ひろせ・ようこ)/政治学者。慶應義塾大学総合政策学部教授。専門は国際政治、コーカサスを中心とした旧ソ連地域研究。著書に『ハイブリッド戦争 ロシアの新しい国家戦略』など(写真/本人提供)
 北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請したフィンランド。なぜ軍事的中立から政策転換し集団防衛を決断できたのか。慶應義塾大学教授・廣瀬陽子さんが解説する。AERA 2022年5月30日号の記事から。


【写真】フィンランドのサンナ・マリン首相
*  *  *


 これまでフィンランドは、ソ連・ロシアと共存するために、ある程度の妥協が必要というメンタリティーでした。大国におもねることを揶揄(やゆ)する「フィンランド化」という言葉も生まれましたが、それは何よりも大切な「独立」を維持する得策だったわけです。


 ですが、ロシアによるウクライナ侵攻は、フィンランドの人々の心に「冬戦争」と「継続戦争」で旧ソ連から受けた痛みを蘇らせました。いま、集団防衛で国を守るという決断ができたのは、中立を保ちつつも軍事力を強化してきたからです。徴兵制を維持し、人口約64万人のヘルシンキ市内には約90万人収容の地下シェルターもあります。だからこそ、NATOに加盟する勇気が持てたのだと思います。


 プーチン大統領は、この展開を予想していなかったでしょう。挑発するメッセージを出していますが、今後は対NATOを意識せざるを得ず、第3次世界大戦につながるので、簡単には手出しできません。


 私は2017年から1年間、ヘルシンキ大学で客員研究員を務めました。母親に優しく、教育と福祉が充実し、幸福度の高い素晴らしい国でした。


 若き女性リーダーであるマリン首相に注目が集まっていますが、外交では大統領に権限があります。かつて女性大統領もいましたし、国民にとっては普通のこと。彼女を輩出した土壌にこそ注目すべきでしょう。


 彼女が先頭に立つことは、国際社会にとって大きなメッセージです。同時に、フィンランドが、さらに高みに向かっていく源泉であるとも思います。


(構成/編集部・古田真梨子)


※AERA 2022年5月30日号


このニュースに関するつぶやき

  • 住んだ事はあるのかな?一度住んでみると良いぞ。本当のその国がどんな国か見えてくるから。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

前日のランキングへ

ニュース設定