ジョニー・デップ&フォレスト・ウィテカー共演、HIPHOP界の未解決事件を映画化『L.A.コールドケース』公開

0

2022年05月28日 20:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『L.A.コールドケース』(C)2018 Good Films Enterprises
『L.A.コールドケース』(C)2018 Good Films Enterprises
伝説的ラッパー“2パック”と“ノトーリアス・B.I.G.”が人気絶頂期に暗殺された未解決事件を、実話に基づき映画化した『CITY OF LIES』が、邦題『L.A.コールドケース』として8月5日(金)より公開されることが決定した。

1997年3月。全米に衝撃を与えたノトーリアス・B.I.G.の暗殺事件が勃発。その担当刑事だった元ロサンゼルス市警察署のラッセル・プール(ジョニー・デップ)は、事件から18年が経過したいまも、未解決事件の真相を追い続けていた。ある日、彼のもとに事件の謎を独自に探っていた記者ジャック(フォレスト・ウィテカー)が訪れる。なぜプールが家族や友人に避けられるようになってまでこの事件に執着しているのか、そこから捜査が進まない原因を突き止めようとする。さらに、プールはノトーリアス・B.I.G.の事件に警察官たちの関与を疑い捜査を深めていく。そして、プールとジャクソンは手を組み複雑に絡む事件の真相に迫るが…。

90年代にアメリカ音楽界を激震させた、HIPHOP界の大スター“2パック”と“ノトーリアス・B.I.G.”の射殺事件。全米に衝撃を与えた伝説的な2人のラッパーの死は様々な憶測を巻き起こし、対立する所属レーベル同士の報復合戦が招いた悲劇とも噂されたが、現在に至るまで犯人は特定されず、真相はいまだに深い闇に包まれている。本作は、このアメリカ史上最も「悪名高い(ノトーリアス)」と称される未解決事件の謎に肉迫し、底知れない巨大な闇を鋭く抉り出した渾身のクライム・サスペンスだ。

実在した主人公の元刑事ラッセル・プールを演じたのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ。プールとともに事件解明に奔走する記者のジャックには、『ラストキング・オブ・スコットランド』(06)でアカデミー賞男優賞を受賞し、今年のカンヌ国際映画祭で“名誉パルムドール”を受賞した名優フォレスト・ウィテカー。

監督は『リンカーン弁護士』(11)や『ランナーランナー』(13)などの鬼才ブラッド・ファーマン。米作家のランドール・サリヴァンが膨大なリサーチと綿密な取材に基づき02年に出版した傑作ノンフィクションをベースに映画化した。

一体なぜ、誰に、20世紀を代表する2人のラッパーは闇に葬られたのか? “天使の街”ロサンゼルスに巣食う悪の正体とは? 事件を追う刑事と探る記者の2人が、誰も望まない《真実》に辿り着いたとき、明かされるのは…。名優の競演と難事件の結末に注目したい話題作だ。

『L.A.コールドケース』は8月5日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国にて公開。





(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定