反町隆史、日曜劇場に初出演 『オールドルーキー』で社長役

10

2022年05月29日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日曜劇場『オールドルーキー』に出演する反町隆史(C)TBS
日曜劇場『オールドルーキー』に出演する反町隆史(C)TBS
 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場『オールドルーキー』(7月スタート 毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして、主人公が働くスポーツマネージメント会社

【写真】芳根京子が”20cm”カット!役作りで新ヘアスタイルに

「ビクトリー」の代表取締役社長・高柳雅史を演じる反町隆史の出演が決定した。

 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。

 反町が演じるのは、新町が働くことになる「ビクトリー」の社長・高柳雅史(たかやなぎ・まさし)。「すべてのアスリートにリスペクトを」を企業理念に掲げる高柳だが、その手腕は実に合理的である。

 その高柳が、サッカーしか取り柄がないにもかかわらず現役引退に追い込まれた37歳の元サッカー日本代表を「ビクトリー」にわざわざ入社させたのには“ある目的”があった。新町ががむしゃらに「スポーツマネージメント」という新たな人生に向き合う姿を見た時、高柳の隠された“真意”が明るみに出る。高柳は新町にとって、敵か、味方か…。

<反町隆史>
骨太で、社会的なメッセージ性の強い作品を世に送り続ける「日曜劇場」に出演できて光栄です。大なり小なり、誰しも人生で一度は挫折を経験するけれど、このドラマの場合は、仕事。人生をかけてきた「仕事」が頓挫し、人生の第二ステージに立った時、人は何に支えられ、どう試練や葛藤を乗り越えていくのか?

セカンドキャリアと一言で言っても、環境も人間関係もゼロからのスタートはどんなチャレンジなんだろうと想像しつつ、妥協しない「ビクトリー」の社長役を演じています。魅力的な出演者が織りなす人間関係にも注目して、お楽しみいただけたら幸いです。

このニュースに関するつぶやき

  • 最近ビーチボーイズ観たけどさ、あの頃の反町のかっこよさはまじで異常。笑
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定