ソン・ガンホ、是枝裕和監督作品でカンヌ・最優秀男優賞 韓国人俳優として初

23

2022年05月29日 12:12  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真是枝裕和監督(左)の『ベイビー・ブローカー』で「第75回カンヌ国際映画祭」韓国人俳優として初の最優秀男優賞を受賞したソン・ガンホ(右)
是枝裕和監督(左)の『ベイビー・ブローカー』で「第75回カンヌ国際映画祭」韓国人俳優として初の最優秀男優賞を受賞したソン・ガンホ(右)
 韓国俳優のソン・ガンホが、フランス現地時間28日に授賞式が行われた「第75回カンヌ国際映画祭」で韓国の俳優として初となる最優秀男優賞を受賞した。コンペティション部門に出品された是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』での演技が評価された。

【写真】ソン・ガンホと是枝裕和監督が喜びの抱擁

 是枝監督作品がカンヌ国際映画祭で同賞を受賞するのは、2004年に『誰も知らない』で柳楽優弥が受賞して以来、2作目。なお、是枝監督は、同作で「エキュメニカル審査員賞」(カンヌ国際映画祭の独立賞で、キリスト教関連の団体から「人間の内面を豊かに描いた作品」に与えられる賞)を受賞し、2冠に輝く注目を集めた。

 現地時間26日に行われた公式上映では、今回の映画祭出品作史上最長の12分にわたるスタンディングオベーションが起こり、割れんばかりの拍手喝采で観客を魅了した『ベイビー・ブローカー』。授賞式では、審査員長のヴァンサン・ランドンをはじめ、アスガー・ファルハディ、ジェフ・ニコルズ、レベッカ・ホール、ディーピカー・パードゥコーン、ノオミ・ラパス、ジャスミン・トリンカ、ラジ・リ、ヨアキム・トリアー監督らが選ぶ「最優秀男優賞」に、主演のソン・ガンホが選出された。

 隣に着席していたカン・ドンウォン、是枝監督らと熱い抱擁を交わした後、壇上へ上がったソン・ガンホは「本当にありがとうございます。光栄です。偉大なる芸術家、是枝裕和監督に深く感謝申し上げます。一緒に頑張ってくれた役者のカン・ドンウォンさん、イ・ジウンさん、イ・ジュヨンさん、ペ・ドゥナさんに深い感謝と、この光栄を分かち合いたいと思います。イ・ユジン代表、そしてCJの関係者の方にも本当に感謝しています。今、2階にいると思いますが、愛する家族と共に来ました。本当に大きなプレゼントになりました。とてもうれしいですし、このトロフィーの光栄と永遠なる愛を差し上げます。多くの映画ファンにこの栄光を差し上げます」と、目を潤ませながら喜びのスピーチをした。

 昨年、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が受賞したことでも注目を集めた「エキュメニカル審査員賞」は、2000年『EUREKA』(青山真治監督)、17年『光』(河瀬直美監督)も受賞しており、日本人監督としては4人目の受賞となる。

 受賞にあたり、審査員長は作品について「この映画は、血のつながりがなくても家族が存在できることをとても親密な方法で示してくれる。傷ついてきた過去を持つ大人3人(ブローカーの男2人とベイビー・ボックスに赤ん坊を置いた母親1人)と養護施設から抜け出した子ども1人によって、赤ん坊の命と魂は守られる」と評価し、さらに本編後半に登場する彼らによるあるシーンがとても感動的だったことについて触れた。

 それを受け、是枝監督は受賞の喜びとともに、作品に込めた思いを次のように語った。

 「映画の冒頭で捨てられた赤ちゃんと捨てた母親が、子どもを売ろうとする男たちと旅に出るという話が、映画の最後間近で、彼ら全員が生まれてきたことを祝福されます。これは今回映画を作る上で施設で育った子や親元を離れて育った子たちを取材する中で、自分が社会の側、大人の側としてどうしても伝えたい言葉だったので、普段はやらないくらいはっきりとせりふにしました。

 その祝福の言葉を聞いた後にちょっとだけ人生が上向きになる、上を向いて生きていけるようになるというか、そんな物語にしたいなと思いました。最終的には捨てられたひとつの命がもう少し大きな、それは側でみている人もいれば、側に近寄れないので遠巻きにみている人もいるけれども、社会という少し大きな箱の中で見つめられて育てられていくという、そういう話にしました。なので、今回は本当にこの作品にとってふさわしい賞をいただけたと思っています」。

 映画『ベイビー・ブローカー』は、6月24日公開。

このニュースに関するつぶやき

  • 俳優の魅力を引き出すのも監督さんの力量
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定