「魔女の宅急便」キキの母・コキリをイメージしたインテリア♪ 母娘のシーンやジジも登場

0

2022年05月29日 15:21  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真Donguri Closet「コキリの実験室シリーズ」(C)Studio Ghibli (C)1989 Eiko Kadono - Studio Ghibli - N
Donguri Closet「コキリの実験室シリーズ」(C)Studio Ghibli (C)1989 Eiko Kadono - Studio Ghibli - N
『魔女の宅急便』の主人公・キキの母親・コキリをイメージした新商品「コキリの実験室シリーズ(全3種)」が、スタジオジブリ作品のヒロインをモチーフとするブランド「Donguri Closet」から、2022年6月11日より順次発売される。



『魔女の宅急便』のコキリは作中ではたくさんの植物に囲まれて薬草を調合するシーンや、キキに魔女服といわれるワンピースを手渡して準備を手伝う場面などに登場。キキにとっては母であり、魔女の大先輩でもあるキャラクターである。
時には先輩魔女として、そして大切な娘の旅立ちを見守り、送り出す母親としての表情を見せている。



そんなコキリをイメージした「コキリの実験室シリーズ」には、インテリアアイテム2種と巾着1種の全3種類をラインアップ。

「ブックケース キキの思い出」はブック型の小物入れで、ストーリに沿って各場面に登場する小物がモチーフとして描かれている。キキの物語と思い出が詰まったようなデザインは、お気に入りのアクセサリーや大事な手紙などをしまうのにピッタリなアイテムだ。



「ジジの三角フラスコ」は自分のしっぽを見つめるジジが、栓の上に乗った姿が愛らしい一品。植物を飾ればまるで部屋がコキリの実験室のような気分を楽しめ、LEDライトなどを入れればライトアップインテリアとして使うことができる。



「コキリの薬草入れ 刺繍巾着」は黒のサテン生地を使用し、コキリの看板に描かれている太陽と月、魔女を金の刺しゅうで表現。ひも部分は金のロープ仕様としており、先端にはコキリの耳飾りをイメージした赤いビーズをあしらった。内生地にはジジとフラスコや薬草が描かれた総柄デザインを使用し、大人の雰囲気を漂わせながらもディテールにこだわっている。



価格はブックケースが4,620円、フラスコが3,740円、巾着は2,750円(全て税込)。

「Donguri Closet限定 魔女の宅急便 ブックケース キキの思い出」
価格 :4,620円(税込)
サイズ:W148×H212×D48(mm)
素材 :MDF、紙、ポリエステル
発売日:2022年7月2日(土)

「Donguri Closet限定 魔女の宅急便 ジジの三角フラスコ」
価格 :3,740円(税込)
サイズ:W90×H225×D90(mm)
素材 :ガラス、ポリエステル樹脂、コルク
発売日:2022年6月11日(土)

「Donguri Closet 魔女の宅急便 コキリの薬草入れ 刺繍巾着」
価格 :2,750円(税込)
サイズ:W195×H200×D70(mm)
素材 :本体 / ポリエステル100%、ビーズナイロン
発売日:2022年6月11日(土)

(C)Studio Ghibli (C)1989 Eiko Kadono - Studio Ghibli - N

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定