【安土城S結果】エントシャイデンが帰国初戦を逃げ切り2年ぶりのV

2

2022年05月29日 15:36  netkeiba.com

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

写真安土城Sで勝利したエントシャイデン(c)netkeiba.com
安土城Sで勝利したエントシャイデン(c)netkeiba.com
 29日、中京競馬場で行われた安土城S(4歳上・L・芝1400m)は、先手を取った坂井瑠星騎手騎乗の6番人気エントシャイデン(牡7、栗東・矢作芳人厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の4番人気ダディーズビビッド(牡4、栗東・千田輝彦厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分19秒4(良)。

 さらにアタマ差の3着に5番人気ルプリュフォール(セ6、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。なお、3番人気リレーションシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)は4着、1番人気スマートリアン(牝5、栗東・石橋守厩舎)は5着、2番人気レッドベルオーブ(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)は6着に終わった。

 勝ったエントシャイデンは、父ディープインパクト、母ルシュクル、その父サクラバクシンオーという血統。ドバイからの帰国初戦を、2020年の同レース以来となる2年ぶりの白星で飾った。通算成績はこれで43戦6勝。
    ニュース設定