森崎ウィン『俺かわ』第8話で“康介”山田涼介のライバル役「“面白い壁”になっていると思う」

0

2022年05月29日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第8話に出演する(左から)芳根京子、山田涼介、森崎ウィン (C)テレビ朝日
『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第8話に出演する(左から)芳根京子、山田涼介、森崎ウィン (C)テレビ朝日
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、テレビ朝日系オシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(毎週土曜 後11:30)の第8話(6月4日放送)に、森崎ウィンがゲスト出演する。

【写真】デートでかわいらしい私服姿を披露した和泉(芳根京子)

 「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”丸谷康介(山田)と、26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”真田和泉(芳根京子)という、キュンすることが難しい不器用な2人の遅すぎる初恋を描くラブコメディー。最終回まであとわずか、ヒミツの社内恋愛がこのまま順調に進むのかと思いきや、康介に新たなライバルが出現する。

 いまだ“真田さん”“丸谷さん”と呼び合う関係で、康介は思い切って呼び方を変えようとするが、照れてしまって“和泉”とは呼べず。そうしたある日、見知らぬスーツ姿の男が和泉を親しげに呼び捨てにしている場面を目撃。呼び捨てハードルをやすやすと飛び越えたこの男は和泉とどういう関係なのか。

 男性の正体は、森崎演じる人事コンサルタントの山城大和。実は、経営状態が厳しいというウワサのあった弥生ビールが、組織改革の第1弾として、まずは営業部に人事コンサルタントを投入することになったのだ。

 「このまま状況が変わらなければ近い将来人員削減も視野に入れる」と説明する大和の言葉に、戦々恐々とする一ノ瀬圭(大橋和也)や鏑木悟(迫田孝也)だが、康介はそれどころではなく、会社の一大事より気になるのは和泉と大和の関係。いても立ってもいられない康介は、和泉に大和との関係をたずねるが…。

 大和を演じる森崎は、ドラマや映画など多数の作品に出演するほか、MORISAKI WIN名義で歌手活動もするなど、幅広いジャンルで活躍。「人事コンサルタントという役を演じるのは初めてなんですが、なかなか経験できない職業を演じられるのがこのお仕事の醍醐味(だいごみ)。YouTubeなどで研究してから撮影に臨みました」と語り、時に冷徹に見えるほどシビアに組織改革を進めようとする役柄に息を吹き込む。

 また、「恋愛ドラマってライバルや得体の知れない謎の人物が出てきて、『なんだ、これは!?』という展開になることが多いんですけど、大和はちょっと面白いんです」と説明し、「康介の恋愛模様や成長物語の前に立ちはだかる“面白い壁”になっていると思う」とヒントを明かす。

■森崎ウィン(山城大和役)コメント
人事コンサルタントという役を演じるのは初めてなんですが、なかなか経験できない職業を演じられるのがこのお仕事の醍醐味(だいごみ)だと思うんです。だから、コンサルタントとして皆さんの前で思う存分話ができるように、YouTubeなどで研究してから撮影に臨みました。

今回のように途中から参加させていただく時って、すでにでき上がっている現場に入っていくのが難しかったりするんですけど、今回は座長の山田(涼介)くんを筆頭に、皆さんが温かく受け入れてくださったので、初日から「ステキな現場だな」と感じました。難しいセリフが多いので、かんでしまったりもしたんですけど、皆さんが広い心で受け入れてくださって…僕は本当にうれしゅうございました(笑)。

恋愛ドラマってライバルや得体の知れない謎の人物が出てきて、「なんだ、これは!?」という展開になることが多いんですけど、僕が演じる大和はちょっと面白いんですよ。大和は康介の恋愛模様や成長物語の前に立ちはだかる“面白い壁”になっていると思いますので、ぜひそこも堪能してください!

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定