審査員が辛口?トラブル勃発?人気のリアリティ番組『ベイクオフ・ジャパン』と英国本家を比較してみた

1

2022年05月29日 20:21  All About

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真日本のAmazonオリジナル初のクッキング・リアリティ番組『ベイクオフ・ジャパン』は、英国の『ブリティッシュ・ベイクオフ』のリメイクです。というわけで、オリジナルとの違いなど、日英の『ベイクオフ』を見比べてみました。
日本のAmazonオリジナル初のクッキング・リアリティ番組『ベイクオフ・ジャパン』は、英国の『ブリティッシュ・ベイクオフ』のリメイクです。というわけで、オリジナルとの違いなど、日英の『ベイクオフ』を見比べてみました。
英国では社会現象になった超人気のクッキング・リアリティ番組『ブリティッシュ・ベイクオフ』。この番組をベースに、限りなく本家に近いスタイルで制作されたのが『ベイクオフ・ジャパン』です。

おそらく『ブリティッシュ・ベイクオフ』のファンは、日本版を見て「ソックリ!」と思ったはず。でもすべて同じというわけではなく、少しだけ日本版ならではのアレンジを効かせています。それがいいのか悪いのかも含めて、ご紹介していきましょう。

クッキング・リアリティ番組とは?

『ブリティッシュ・ベイクオフ』は、英国で2010年からスタートしたクッキングコンテスト番組。番組のオーディションを勝ち抜いたアマチュアベイカーたちが優勝(スターベイカー)を目指してスイーツとパンの料理対決を行います。

課題を出して、ジャッジするのはスイーツとパンの専門家。毎回1名の脱落者が出て、最後まで勝ち残ったベイカーが優勝者です。

『ブリティッシュ・ベイクオフ』
審査員:ポール・ハリウッド(有名ホテルでヘッド・ベイカーを務めた有名なシェフ)、メアリー・ベリー(焼き菓子の専門家)

一方で、『ベイクオフ・ジャパン』は『ブリティッシュ・ベイクオフ』の日本版としてAmazon オリジナルが制作。限りなく本家に近づけて、番組構成やルールはほぼ同じ。エントリーしたアマチュアベイカーたちは、英国版と同様に、優勝(スターベイカー)を目指します!

『ベイクオフ・ジャパン』
審査員:鎧塚俊彦(「Toshi Yoroizuka」のオーナー。有名パティシエ)、石川芳美(メゾン・ランドゥメンヌのオーナー、パン職人)
(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved.


魅力1:面白さの秘密は、予測不能の展開と意外性!

『ブリティッシュ・ベイクオフ』『ベイクオフ・ジャパン』ともに、面白さの秘密は「意外性」でしょう。番組を続けて見ていると「この人はセンスがいい」「スキルはいちばんかも」など、シロウトでも、なんとなくわかってきて、優勝者予想をしたくなるのですが、トントンと予想通りには進まない!

数字が苦手なせいで、ケーキのサイズの寸法を間違えそうになったり、焦ってミルクと生クリームを間違えたり、「この人できるな」と思っていた人が、思いもよらないアクシデントで脱落したりすることも……。
(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved.

また審査委員のアドバイスを糧にして、番組の中でメキメキ腕を上げていく人もいるんですよ。本当に最後の最後まで、誰が優勝するのかまったくわからない。だから、連続ドラマのように「次はどうなるの?」と一気見したくなるのです。

魅力2:オープニング映像と美術セットが本家ソックリ!

『ベイクオフ・ジャパン』は英国版の完全なるリメイクなので、オープニングの音楽は一緒、映像とチャレンジの舞台もオリジナルにすごく寄せて制作されています。

緑が溢れる郊外のロケ地に建てられたテントの中がベイカーたちのチャレンジの場。作業台の置き方まで同じなんですよ。『ブリティッシュ・ベイクオフ』を見ていた方は「おお!」と驚くこと必至です。

英国版と日本版の違い4つ

(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved.

1:ホストのノリが全く違う

『ブリティッシュ・ベイクオフ』は、シリーズ7まで英国のコメディアンの女性2人がホストを担当し、番組を進行していました。

シリーズ8から司会者と審査員の1名が変更になりましたが、新司会の2人もコメディ界の有名人。コメディアンは笑いもとれるし、会話のテンポがいいのが魅力。進行をしつつ、番組を盛り上げ、ベイカーたちを励ますのも上手です。

一方、『ベイクオフ・ジャパン』は、お笑い芸人ではなく、俳優の坂井真紀さんと工藤阿須加さんがホストを務めます。お二人が番組の進行役を務めるのは初ではないでしょうか。

審査員のジャッジやベイカーたちの奮闘ぶりに対する反応が素直なところが好感度大。ただ番組を盛り上げるスキルは、まだこれからという感じ。シリーズが進めば、どんどん良くなるはず!

2:辛口の審査員はどっち?

アマチュアベイカーたちは、初めて作るスイーツにも挑戦しなくてはならないので、味や見た目がいまいちな仕上がりになることも多いです。審査員はそれでも食べてジャッジしなくてはいけません。

『ブリティッシュ・ベイクオフ』はポールの方が辛口コメントが多く、いいか悪いかを瞬時にジャッジして、バッサリ斬る! メアリーは穏やかな口調でフォローしたり、アドバイスしたりしていました。
(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved.

『ベイクオフ・ジャパン』も鎧塚さんの方が石川さんより少々辛口。味がダメだと「これ、ちゃんと食べた?」とベイカーに突っ込みを入れていました。石川さんは味がいいと「トレビアーン」などフランス語が飛び出し、これが高評価の証になっていました。

3:パンとお菓子の歴史とウンチク

『ブリティッシュ・ベイクオフ』には、パンやお菓子にまつわる歴史を紹介するコーナーがあります。しかし『ベイクオフ・ジャパン』にはそういったコーナーはなく、審査員の2人がお題のケーキの説明の際に、サラリと簡単に触れることがあるくらいです。お題のお菓子のプチ・ヒストリー、あってもいいなと個人的には思います。

4:トラブル勃発でスリリングなのは?

(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved.

『ベイクオフ・ジャパン』のベイカーたちは全員いい人ばかり。誰かが困っていると助けたり、脱落者発表のときは、別れが寂しくて泣いたり……。回を追うごとにベイカーたちの間に信頼と友情が生まれていくのです。心がほっこりしました。

一方、シリーズ12まで続いている『ブリティッシュ・ベイクオフ』は、個性派揃い。みんな基本はとってもいい人ばかりですが、トラブルがあったり、なかなかスリリングです。試合を放棄して作業場を離れてしまった人もいましたからね。

『ベイクオフ・ジャパン』の今後はまだわかりませんが、シーズン2、3と続いたら、『ブリティッシュ・ベイクオフ』のように何かが起こるかもしれません!
(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved.

両番組を見ていて思うのは、スイーツ作りの繊細さ! 小さなミスひとつで大失敗につながってしまうのです。だからこそ成功した時の喜びは格別。また世界にはこんなにたくさんのパンとスイーツの種類があるのかと驚きます。

特に『ブリティッシュ・ベイクオフ』はシリーズ12まで続いているので、スイーツやパンの種類が豊富。おいしそうなスイーツの数々に大興奮ですよ。

番組情報

『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1
出演:鎧塚俊彦/石川芳美/坂井真紀/工藤阿須加
(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved.

『ブリティッシュ・ベイクオフ』
出演:ポール・ハリウッド/メアリー・ベリー/スー・パーキンス/メル・ギェドロイツ
Amazon Prime Videoでシリーズ7まで配信
(文:斎藤 香(映画ガイド))
    ニュース設定