【鎌倉殿の13人】“八重”新垣結衣、息子・金剛への思い語る「我慢をさせて可哀想なことを…」

1

2022年05月29日 20:50  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『鎌倉殿の13人』の場面カット(C)NHK
『鎌倉殿の13人』の場面カット(C)NHK
 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)。八重役の新垣結衣からコメントが到着した。

【写真】この時は幸せだった…八重を抱きしめる義時

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

<新垣結衣>
――息子・金剛への思い
きょう、金剛(森優理斗)と一緒に撮ったシーンで、「母上は金剛の母上なのに自分だけじゃダメなのか」というのを、演出としてちょっと言いづらそうにする、という間があったんです。金剛がそれだけ思い切らないと、そういう自分の願望のようなものを素直に発言させてあげられない状況になってしまっている、ということに気づいた瞬間は、やっぱり「本当にごめん」という気持ちになりました。

でも、身寄りのない子どもたちを助けてあげたい、つらい思いをしている人たちを助けてあげたいというのは、八重が新しく見つけた生きる意味のようなものなので、金剛には我慢をさせて本当に可哀想なことをしているなと思いました。

――義時が新たに預かってきた孤児・鶴丸との出会い
鶴丸と出会った瞬間は「(かつて失った息子の)千鶴丸と名前は似ているな」というようなことは思ったかも知れませんが、そこまで運命というものは感じていなかったと思います。

でも、鶴丸が溺れてからのシーン、川のシーンでやっぱり千鶴丸と鶴丸がしっかり重なってしまって、周りが見えなくなるというか、千鶴丸が自分のもとから離れてしまったときに一瞬、八重の中で時間が戻ってしまったような感じだったのかなと思います。
    ニュース設定