前回王者の浦和が敗北、横浜FMと川崎Fも姿を消す…J1対決は磐田と京都が勝利/天皇杯3回戦

40

2022年06月22日 21:48  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真川崎が天皇杯3回戦で姿を消した [写真]=兼子愼一郎
川崎が天皇杯3回戦で姿を消した [写真]=兼子愼一郎
 天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会・3回戦の16試合が、22日に各地で行われた。

 明治安田生命J1リーグ、JリーグYBCルヴァンカップに続き、今季4度目となる湘南ベルマーレとジュビロ磐田の対戦が実現。試合は黒川淳史が序盤に挙げた得点が決勝ゴールとなり、磐田が勝利した。同様にJ1対決となった清水エスパルスと京都サンガF.C.の一線は、58分にゴール前のパス回しから最後は中野桂太がループシュートを沈めて京都が先制する。試合はこのままタイムアップを迎え、京都がラウンド16進出を決めている。

 現在明治安田生命J1リーグで首位を走る横浜F・マリノスは栃木SCと対戦。負傷者が続出している関係で、この試合のラインナップにはマルコス・ジュニオール、水沼宏太、渡辺皓太らの主力組も多く入った。試合はスコアレスで折り返した後半、神戸康輔がエリア外から強烈なシュートを沈め、栃木が先制に成功する。横浜FMがなかなかネットを揺らせずにいると、栃木は後半アディショナルタイムにも追加点。試合はこのまま終了し、横浜FMが3回戦で姿を消すこととなった。

 川崎フロンターレは等々力陸上競技場に東京ヴェルディを迎えた。レアンドロ・ダミアン、車屋紳太郎、マルシーニョらが先発に名を連ねたものの、均衡を破ったのは東京Vだった。39分、川崎のミスを見逃さなかった佐藤凌我がエリア外から狙い澄ました一撃を叩き込み、東京Vが先制する。最終的にはこのゴールが決勝点に。前回大会ベスト4で第100回大会王者の川崎が、まさかの敗退となった。

 鹿島アントラーズは仲間隼斗、鈴木優磨、上田綺世のゴールで大宮アルディージャを下した。ヴィッセル神戸はレノファ山口FCに先制を許したものの、2回戦に続いて試合終盤にドラマが。84分に初瀬亮、90分に酒井高徳が連続でゴールを挙げ、意地の逆転勝利を飾っている。

 北海道コンサドーレ札幌はヴァンフォーレ甲府と対戦。11分にオウンゴールで先制したものの、31分、39分と甲府の三平和司に2得点を許す。札幌はPK失敗などが響き、最後まで同点ゴールを奪えなかった。ザスパクサツ群馬と対戦した浦和レッズは最後まで1点が遠く、群馬に0−1で敗北。前回大会覇者の浦和が、3回戦で大会を去ることが決まった。

 3回戦で唯一、90分間で決着がつかなかったFC東京とV・ファーレン長崎の一戦は、延長前半アディショナルタイムに長崎が勝ち越しに成功。右サイドでボールを持ったクリスティアーノが、カットインから左足でコントロールショットを沈めた。試合はこのまま終了し、長崎がFC東京とのシーソーゲームを制している。

 3回戦の全試合結果、ラウンド16の対戦カードは以下の通り。

■3回戦・試合結果
▼6月22日(水)
川崎フロンターレ 0−1 東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ 0−1 ジュビロ磐田
アビスパ福岡 3−1 いわてグルージャ盛岡
FC東京 2−3 V・ファーレン長崎
鹿島アントラーズ 3−0 大宮アルディージャ
ガンバ大阪 3−1 大分トリニータ
名古屋グランパス 1−0 ツエーゲン金沢
セレッソ大阪 3−2 ベガルタ仙台
横浜F・マリノス 0−2 栃木SC
清水エスパルス 0−1 京都サンガF.C.
サガン鳥栖 3−2 ロアッソ熊本
北海道コンサドーレ札幌 1−2 ヴァンフォーレ甲府
ヴィッセル神戸 2−1 レノファ山口FC
柏レイソル 2−1 徳島ヴォルティス
浦和レッズ 0−1 ザスパクサツ群馬
サンフレッチェ広島 5−0 横浜FC

■ラウンド16・対戦カード
※7月13日(水)開催
東京V vs 磐田
福岡 vs 長崎
鹿島 vs G大阪
名古屋 vs C大阪
栃木 vs 京都
鳥栖 vs 甲府
神戸 vs 柏
群馬 vs 広島

このニュースに関するつぶやき

  • 天皇杯って要は最後まで勝ち続けないといけないだけに厳しい・・・
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定