阪神、サヨナラ負けで広島戦開幕9連敗…10回にリード奪うもアルカンタラ2被弾

27

2022年06月22日 22:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神・矢野監督 (C)Kyodo News
阪神・矢野監督 (C)Kyodo News
○ 広島 5x − 4 阪神 ●
<10回戦・マツダスタジアム>

 阪神はサヨナラ負けで今季の広島戦は開幕から10戦白星なし。1分けを挟み悪夢の9連敗となった。

 阪神は1点を追う3回、二死から1番・中野の左前打、2番・島田の四球で一、二塁の好機を作ると、3番・近本が19試合連続安打となる中前適時打を放ち同点。再び1点を追う5回も一死から中野、島田、近本の3連打で満塁とし、4番・佐藤輝の一ゴロの間に追いついた。

 2−3と三たび追いかける展開となった7回も、先頭・中野の右前打、続く島田の犠打で一死二塁とし、入れ替えた1・2番が好機を演出。二死三塁後、佐藤輝がバットを折られながらも左前適時打を放ち同点に追いついた。

 延長10回表は先頭の近本が3安打目となる左前打で出塁したあと、続く佐藤輝が右中間突破の適時二塁打を放ち一走・近本が長駆ホームイン。阪神はこの試合、始めてリードを奪った。

 しかしその裏、7番手のアルカンタラが先頭の5番・坂倉に痛恨の右越えソロを浴び試合は振り出し。助っ人右腕は続投した11回も二死から2番・宇草にサヨナラの右越えソロを浴び、イニング跨ぎの力投も虚しく2敗目(1勝1セーブ)を喫した。

このニュースに関するつぶやき

  • 大山の確変が終わったからなあ…サトテルに何でもかんでも打ちに行くな、とアドバイスするコーチもおらんしなあ…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定