DeNA・東が待望の今季初勝利 白星量産のカギは諸刃の剣「チェンジアップ」?

10

2022年06月24日 06:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNA・東克樹 (C) Kyodo News
DeNA・東克樹 (C) Kyodo News
◆ 「有効だったのも確かだが……」

 DeNAが巨人との3連戦に2勝1敗で勝ち越し。

 23日の試合では、今季の開幕投手を務めた東克樹が5回2/3を3失点の力投。6度目の登板で待望の今季初白星を掴んだ。




 この日は6回途中まで投げ、そのうち5度も先頭打者を出塁させてしまう苦しい展開。それでも、初回は二死一・二塁から坂本勇人をセンターフェンスギリギリの中飛でなんとか無失点ピッチ。4回は二死二・三塁のピンチを見逃し三振で切り抜けた。

 7−0と大量援護をもらって迎えた6回は、一死一塁から坂本勇人にレフト線突破の二塁打を許し、この間に一塁走者が生還。この試合はじめての失点を許すと、一死一・三塁から内野ゴロの間にもう1点。二死二塁となり、代打・中田翔が出てきたところでベンチは交代を決断。東はお役御免となった。

 その直後、2番手のブルックス・クリスキーが中田に2ランを被弾。東の自責点が増えたが、その後は斬ってピンチ脱出。最後は2点差まで迫られたが、7−5で逃げ切り勝ち。東に今季初白星がついた。



 23日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した池田親興氏は、「調子は悪かったわけではないと思う」と東の投球を振り返りつつ、「ただ先頭打者を出し過ぎていますよね。6回のうち5回ですから。これだけ先頭を出していて粘った投球ができたとも言えるが、本来であればもっとイニングを投げられたはず」と課題も口にした。

 開幕から約3カ月、ようやく掴んだ今季初勝利。池田氏は「今日が初勝利というのは信じられない」とそのポテンシャルの高さを挙げながら、気になった点については「チェンジアップに頼り過ぎてないかなと」と指摘。

 「巨人打線に有効だったのも確かなんですが、見ていて苦しくなるとチェンジアップという感じがした。まっすぐとか他の球ももっとうまく使って、インコースを意識した投球をしていけば、もっともっと勝ちはついてくると思う」と池田氏。

 ひとつの球種に依存することなく、バリエーションを活かした投球を。それがさらなる好投につながり、ひいては白星量産に繋がっていくと語った。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』




【動画】DeNAの開幕投手・東克樹が待望の初勝利! 6月23日:巨人−DeNAのハイライト

このニュースに関するつぶやき

  • 仏様様原仏、さあ!真昼間沈黙の提灯行列に参りますぞ!おのおのがた熱中症にご注意めされよ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定