巨人史上初の快挙も…?ウォーカーが本塁打を量産中!

3

2022年06月24日 07:21  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真苦しむチームの中で状態上向きのウォーカー (C) Kyodo News
苦しむチームの中で状態上向きのウォーカー (C) Kyodo News
◆ チームトップのOPSを記録

 巨人の新助っ人アダム・ウォーカーが、チームにとって欠かせない戦力となりつつある。

 開幕当初は特徴的なドレッドヘアが目立ち、お世辞にも上手いとは言えない守備が度々話題に挙がったが、この3カ月の間で評価がガラッと変わってきた。




 なにより、打撃での貢献度が高い。

 6月21日からのDeNA戦では、本塁打を含む3安打の固め打ち。翌日の試合でも本塁打を含むマルチ安打を記録し、23日の第3戦も5打数2安打。これで打率は.299(234−70)となり、3割も目前だ。

 また、OPS.878も丸佳浩や岡本和真を押さえてチームトップ。リーグ4位の好成績となっている。



 本塁打も3・4月は3本に留まっていたが、5月に6本塁打とペースを上げると、6月もすでに6本塁打。トータルでは15本となり、シーズン30発の大台も十分に狙えるだろう。

 だが、巨人の「自前」で「右打ち」の外国人選手を振り返ってみると、“30発”というのが大きな壁となっている。


◆ セ・リーグでは巨人だけ…

 長い歴史を誇る巨人において、「自前の右打ち外国人選手」がシーズン30本塁打を超えたことは一度もない。

 ちなみに左打ちを含めても、30発の大台を超えたのは1984年から1986年まで3年連続で30本塁打以上を記録したウォーレン・クロマティだけである。


 セ・リーグ全体で見ても、「自前の右打ち外国人選手」で年間30発超えが一人もいないというのは巨人だけ。

 この2010年以降で見ても、ヤクルトにはウラディミール・バレンティン、広島にはブラッド・エルドレッド、DeNAにはネフタリ・ソトがおり、中日ではトニ・ブランコとアレックス・ゲレーロの2人が大台を超えている。阪神は少しさかのぼることになるが、それでも1989年にセシル・フィルダーが38本塁打をマークした。


 巨人もこれまで「右の長距離砲候補」として、メジャーで本塁打王の獲得経験があるジェシー・バーフィールドや、メジャー通算80本塁打のシェーン・マック、同92本塁打のホセ・ロペスなどを獲得してきた。しかし、日本でシーズン30本塁打という壁を超えた選手は一人もいない。

 そんな中、メジャー経験がないアメリカ独立リーグ出身のウォーカーが、初めてその扉を破ることになるかもしれないというのは興味深い。


 早くも独走態勢に入ろうとしている首位・ヤクルトを追いかけていくためにも、ウォーカーのさらなる活躍は必要不可欠。

 このまま本塁打を量産し、チームを引っ張ることで、球団史にその名を残すことができるだろうか。


文=BASEBALLKING編集部



【動画】ウォーカーの秘密?筋肉が実は……

このニュースに関するつぶやき

  • もうチームの勝敗はとりあげない報知みたいだな。 あの守備を割り引いても、来季の新監督が使うかな??? とわいえ、MLBが手を出すとも思えないのでパのあの球団かな?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定