「動脈硬化」に関する数値変化に要注意 健診の先延ばしで自覚症状なく重症化も

3

2022年06月24日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真※写真はイメージ(gettyimages)
※写真はイメージ(gettyimages)
「少しやせてから」と健診を先延ばしにする──。心当たりのあるあなたへ、健診結果でチェックすべきポイントを教えます。AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。


*  *  *


 都内に住む会社員の男性(50)は今年4月、13年ぶりに健康診断を受けた。勤務先では半日がかりの丁寧な健診が毎年用意されているが、「もう少しやせてからにしよう」と先延ばしにしてきたのだ。


 しかし50歳を迎え、妻にも怒られて受診すると、結果はさんざんだった。肥満、内臓脂肪の蓄積に加え、血圧、尿酸、コレステロール、肝機能の数値が高く、肺、心電図にも異常が見つかった。


「動脈硬化が結構進んでいると言われました。もう少し早く受けていれば……」


 動脈硬化が引き起こす心筋梗塞、脳梗塞などの循環器系疾患は、日本人の死因でがんに次いで2番目に多い。自治体や事業所で行われる通常の健康診断では、この動脈硬化が主なターゲットになっている。関連する項目は、血圧、コレステロール、中性脂肪、空腹時血糖などだ。


 動脈硬化とは、動脈の壁にコレステロールがたまって血管が狭くなり、血流が悪くなった状態をいう。血管の壁が厚く硬くなって弾力性も失われる。


 どんな仕組みでなるかというと、血液中にコレステロールと中性脂肪が増えると、酸化コレステロールが形成され、血管の壁に入り込む。血糖値が高いとそれが助長される。また高血圧だと高い圧力で血管にコレステロールを押し付けるので、ますますたまりやすくなる。


体では自覚できない


「洗面所の排水管に例えると、水は一応流れている。でも時間がたつにつれ、流れが悪くなってきますよね。それでパイプクリーナーのような洗浄剤を使うわけですが、そのタイミングが体では自覚できない。血液検査で測らないとわからないんです」


 東京慈恵会医科大学医学部の和田高士客員教授はそう語る。


「関節痛のように自分でわかるものは自分で医療機関に行ってもらえばいい。症状が出にくいが、放置しておくと脳梗塞など重大な病気につながるものだからこそ、健診の対象になるんです」(和田教授)


 血圧やコレステロールの異常で自覚症状が出るのは、病気が末期的な状態になってから。例えば、脳梗塞は脳のどこの血管が詰まったかによって、話せなくなったり、手足が動かなくなったりする。場合によっては昏睡状態になって死に至る。心筋梗塞は心臓の働きが悪くなったり、不整脈が出やすくなったりして、死に至ることもある。



 血圧は140未満が基準範囲で200となると危険な状態だが、それでも自覚症状はない。あっても「肩がこる」などで、高血圧特有の症状が出るわけではない。


 糖尿病は空腹時血糖126以上の場合だが、これも症状は出ない。何十年と糖尿病を患って、合併症が起きてはじめて自覚症状が現れる。目の網膜の血管が詰まって失明することもあるし、腎臓の血管がダメージを受けて腎不全になり人工透析が必要になることもある。


「治療しないでいると時間の経過とともに血管がだんだん狭くなり、60代、70代で急に詰まって脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が高まります」(同)


γ−GTPは脂肪肝も


 予防には塩分を控え、体重減少、運動、禁煙といった生活習慣の改善が基本だが、習慣を変えられない人、効果が出ない人には薬物治療をすることもある。


 動脈硬化以外で気になるのがγ(ガンマ)−GTPだ。この数値は酒を飲むことによって、肝臓にある細胞から生成される酵素の量を表す。ただし飲酒量に正比例するわけではなく、上がりやすい人と上がりにくい人がいる。


 酒を飲んでいないのに数値が高い人は脂肪肝の疑いがある。γ−GTPは酒を飲む人には飲酒量を控える目安になり、飲まない人には脂肪肝のある程度の指標になる。


 貧血になりやすい女性の場合は赤血球の中の血色素量(ヘモグロビン)にも注目したい。


「ヘモグロビンは体の隅々に酸素を運ぶ役割をしています。不足すると体が酸欠状態になりますが、徐々に進行していくためにみんな気づかないんです」(同)


 11.0以下の女性は子宮体がん、子宮筋腫などの存在も考えられる。


 どの項目にも言えるのは「変化が大事」ということだ。昨年と比べて数値が大きく変わっていたら注意したい。(ライター・仲宇佐ゆり)

※AERA 2022年6月27日号より抜粋



【おすすめ記事】糖質制限の罠に要注意! 本当に痩せたいなら「お通じ優先」が効果的


このニュースに関するつぶやき

  • そもそもLDLコレステロール直接法とかいう、リポ蛋白のどの領域を計ってるのかすら不明確な方式で、動脈硬化を判断するのは無理があるんだよ。心配な人はCAVI検査を受けるといい。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定