ヤンキース、逆転サヨナラ勝ちで貯金34 3点追う9回に一挙4点、ジャッジV打

1

2022年06月24日 12:12  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真9回裏にサヨナラ打を放ちチームメイトに祝福されるジャッジ(中央)
9回裏にサヨナラ打を放ちチームメイトに祝福されるジャッジ(中央)
○ ヤンキース 7x − 6 アストロズ ●
<現地時間6月23日 ヤンキー・スタジアム>

 ア・リーグ東地区首位を独走するヤンキースは23日(日本時間24日)、アストロズを劇的な逆転サヨナラ勝ちで下し、貯金は今季最多を更新する「34」となった。

 ヤンキースは3−6と3点を追う9回、連続四球で無死一、二塁の好機を作ると、6番・ヒックスが起死回生の3号3ランを右翼席へ運び同点。その後も二死一、二塁の好機を作り、2番・ジャッジがサヨナラ打を左翼線へ運んだ。同西地区首位・アストロズを相手に、土壇場で3点ビハインドをひっくり返す大逆転勝利。本拠地の盛り上がりは最高潮に達した。

 アストロズは初回に3番・ブレグマンの先制3ラン、3回は4番・アルバレスの勝ち越し3ランで主導権を握るも、3点リードの9回を託された抑えのプレスリーが連続四球後に痛恨の同点3ラン被弾。プレスリーはその後も走者を許して降板となり、最後は5番手のスタニクがサヨナラ打を浴びた。
    ニュース設定