マラドーナの死は過失なのか、医療関係者8人が裁判へ

12

2022年06月25日 03:40  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
ディエゴ・マラドーナの死をめぐって、8人の医療スタッフが裁判にかけられる。

サッカー界の伝説的スター・マラドーナは、脳血腫の除去手術を受けた2週間後となる2020年11月に60歳でこの世を去ったが、検察側はその死が医療チームによる数々の欠陥が原因であったとしており、医師や看護師、精神科医らが過失致死の罪に問われることになった。

マラドーナの死について昨年、捜査に参加した20人の専門家は、医療チームが「不適切で不十分かつ、無謀なかたち」で行動していたとしており、医療施設で適切な治療を受けていれば、「マラドーナが生存していた可能性は高かった」としていることから、担当判事はそれがマラドーナの死を招いたのではないかと疑いをもっていると、法廷書類には記されている。

今回裁判にかけられる8人が有罪となれば、最高25年の禁固刑に科される可能性があるようだ。

これに対し、8人全員が容疑を否定。精神科医は自身の治療がマラドーナの死に関連していないとして棄却を求めている。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20220672688.html


このニュースに関するつぶやき

  • これだけアルゼンチンの伝説なんだろなー。ディ・ステファノやシヴォリ以上に…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定