リコー、360°カメラ搭載マイクスピーカー発表。話者認識や音声調整でWeb会議に臨場感を

1

2022年06月25日 09:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
株式会社リコーは、360°カメラ搭載マイクスピーカー「RICOH Meeting 360 V1」を6月30日(木)に発売予定。保証期間1年の“通常モデル”と3年の“安心3年モデル”を展開します。

話者へのフォーカス、明るさ調整を自動で同製品は、会議室の雰囲気をまるごとキャプチャーするWeb会議用デバイス。半天球の360°カメラでとらえた映像を同社の画像処理技術を用いて自動分割し、自動露出補正で分割した画面ごとに明るさを調整します。

また、話者を認識して自動でフォーカス。複数人が参加するWeb会議でもしっかりと話者の顔を見て話を聞くことができるでしょう。

専用アプリでは、映像の方向やズームを設定できるので、ホワイトボードや特定の人物などを常時拡大して表示することも可能です。
音源の遠近にも自動対応同製品の全方位マイクは6mまで集音可能。音源からの距離に応じて変化する音声入力レベルを自動調整する“オートゲインコントロール”により、話者が遠くても近くてもクリアな音声を伝えます。

もちろん、スピーカーユニットも高品質なものを搭載。リモートで参加しているメンバーの声もクリアに届きます。
ストレスフリーの簡単セッティング同製品は、USBケーブルでPCとつなぐだけで利用可能(別途AC電源は必要)。USB外部カメラやマイクスピーカーといった各機器を複数のケーブルでつなぐ必要から解放されます。

対応Web会議ツールは、ZoomやMicrosoft Teamsなどさまざまです。

また、「RICOH Interactive Whiteboard(電子黒板)」に接続すれば、板書の共有も可能。さらに、無償ソフトウェア「RICOH Meeting 360 Apps for Windows」で自拠点映像のレイアウトを変更したり、本機の各種設定を変更したりできるようです。
録画録音、議事録作成機能も提供予定今後は、360°映像の録画録音により会議をまるごと記録し、発言の自動テキスト化や議事録の保管をおこなう議事録作成機能をクラウドサービスとして提供予定。「RICOH Interactive Whiteboard」接続時の板書の記録にも対応する見込みです。

また、通常のオフラインミーティングでも360°映像を録画録音する機能も追加予定だといいます。

PR TIMES
「RICOH Meeting 360 V1」製品サイト

(文・Higuchi)

このニュースに関するつぶやき

  • やがて4DXとかやるんだろう、そうだろう!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定