実写映画「耳をすませば」雫の同級生役は山田裕貴&内田理央に! 場面写真、コメントも到着

0

2022年06月25日 09:51  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『耳をすませば』場面写真(C)柊あおい/集英社(C)2022『⽿をすませば』製作委員会
『耳をすませば』場面写真(C)柊あおい/集英社(C)2022『⽿をすませば』製作委員会
スタジオジブリのアニメ映画化でも知られる青春恋愛マンガを実写化した映画『耳をすませば』が、10月14日に全国公開される。このたび、追加キャストとして中学生時代および10年後の杉村竜也と原田夕子を演じるキャストが発表され、最新の場面写真も公開された。

『耳をすませば』の原作は、柊あおいが1989年に少女コミック誌「りぼん」で発表した青春恋愛マンガだ。読書が大好きな中学生の女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に想いを寄せていく健気な姿が共感を呼び、1995年にスタジオジブリが制作したアニメ映画は大ヒットを記録した。

今回の実写映画は、マンガとアニメ映画で描かれた中学生時代の物語に、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わったものとなる。大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じ、中学生時代の二人には安原琉那と中川翼が抜擢された。監督はヒットメーカーの平川雄一朗が務める。

杉村と夕子は、ともに雫の同級生のキャラクターで、野球部に所属する杉村は幼なじみである雫へ好意を寄せている。夕子は、その杉村へ恋心を抱いている雫の親友だ。本作では、原作で描かれた杉村と夕子の物語の10年後も描かれている。

25歳になった杉村を演じるのは、『東京リベンジャーズ』や『余命10年』など数々の話題作へ出演し、来年はNHK大河ドラマ『どうする家康』への出演も決まっている山田裕貴だ。夕子役は、『おっさんずラブ』や『来世ではちゃんとします』シリーズなどに出演し、女優業のほかモデルとしても活躍している内田理央が務める。

本作の公開に際して、山田は「その10年があるから今が、未来が、輝く。そんな、作品になっているんじゃないかと思います。この作品がどんな形で皆さんに受け取ってもらえるか楽しみです」と、撮影から2年が経ち無事に作品が完成した喜びをコメントする。内田は「夢中になって台本を読ませていただきました。原作から10年後という時代背景なので、平成の懐かしさも感じつつ、成長したみんなの姿にちょっとドキドキしながら撮影をしました」と語った。

また、中学生時代の二人のキャストも明らかになった。中学生の杉村役はドラマ『あなたの番です』や『るろうに剣心 最終章 The Final』などに出演し、最近では『鬼滅の刃 遊郭編』のEDテーマ「朝が来る」のMVへの出演でも注目を浴びた荒木飛羽が務める。中学生の夕子役には、『糸』やドラマ『ラジエーションハウス』へ出演した住友沙来がキャスティングされた。

あわせてお披露目となった場面写真では、中学生時代の杉村と夕子のあの印象的な場面を切り取ったものをはじめ、25歳となった二人がともに笑顔を見せている2ショットも確認できる。雫と聖司だけでなく、杉村と夕子も10年の時を経てどのような物語を紡いでいくのか、本編への期待がますます高まる。

実写映画『耳をすませば』は、10月14日よりロードショー。

<以下、コメント全文掲載>

【山田裕貴(杉村役)】

いやぁ、やっと完成しました。
安心しました。
それがまず良かった、本当に良かった。
撮影したのはもう2年前。
この撮影を乗り切ることに、この『耳をすませば』チームはずっと気持ちを繋げたままだったはずです。
良かった。お疲れ様でした。
そして、この作品もあの『耳をすませば』の10年後も描かれています。
その10年があるから今が、未来が、輝く。
そんな、作品になっているんじゃないかと思います。
この作品がどんな形で皆さんに受け取ってもらえるか楽しみです。

【内田理央(夕子役)】

オファーをいただいた時は、小さい頃に観ていた「耳をすませば」の実写化に驚きましたが、10年後のオリジナルストーリーとのことで夢中になって台本を読ませていただきました。
原作から10年後という時代背景なので、平成の懐かしさも感じつつ、成長したみんなの姿にちょっとドキドキしながら撮影をしました。
大人になった夕子と杉村の関係性にも是非注目してください。

『耳をすませば』
◆出演:清野菜名、松坂桃李/山田裕貴、内田理央/安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来
◆監督・脚本:平川雄一朗
◆原作:柊あおい「耳をすませば」(集英社文庫<コミック版>刊)
◆配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹
◆公開表記:10.14 ROADSHOW

(C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会

    オススメゲーム

    ニュース設定