オリックス、3試合連続完封で4連勝 山本8回0封で8勝目&防御率1.42で再び2冠

11

2022年06月25日 17:00  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真オリックス・山本由伸(C)Kyodo News
オリックス・山本由伸(C)Kyodo News
● ロッテ 0 − 4 オリックス ○
<11回戦・ZOZOマリン>

 オリックスは3試合連続の完封勝利で4連勝。残る借金は1つとなった。先発の山本由伸投手(23)は8回4安打無失点の快投でリーグトップを更新する8勝目(3敗)。防御率も1.42に良化させ再びリーグトップに立った。

 山本は5回までに4安打2四球を許すも、3併殺を奪うなど要所を締める投球。6回以降は3イニング連続で3者凡退に抑え、4点リードの9回は2番手・阿部にマウンドを譲った。

 前回登板でノーヒットノーランを達成した右腕は、8回105球、4安打無失点、9奪三振2四球の好投で自身3連勝。これで17イニング連続無失点で防御率は1.42となり、リーグ1位だった同僚・山岡(同1.51)を再び抜き返した。

 打線は初回、1番・福田の右翼線二塁打などで一死三塁とし、3番・吉田正の中前適時打で先制。2回は福田の右前適時打で2点目を奪った。4回は9番・大城の左前適時打で3点目。7回は吉田正が6号ソロを右翼席へ運び4点目を加えた。

 投手陣は9回に2番手の阿部がピンチを招き降板したが、最後は守護神・平野が19セーブ目(2勝2敗)で締め0封リレー。これでオリックスは、田嶋が完封し5−0で勝利した22日のソフトバンク戦(京セラD大阪)、山岡が完封し5−0で勝利した前日24日のロッテ戦に(ZOZOマリン)に続き、3試合連続の完封勝利となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 投げるべき投手が投げ! 打つべき野手が打つ! この調子だ、もっと勝とうぜ!!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定