ルーニーがダービー・カウンティの監督を辞任! 「再び皆に会えることを願っている」

0

2022年06月25日 18:54  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ダービーを率いていたルーニー監督 [写真]=Getty Images
ダービーを率いていたルーニー監督 [写真]=Getty Images
 チャンピオンシップ(イングランド2部)からリーグ1(3部)への降格が決まったダービー・カウンティは24日、チームを率いてきたウェイン・ルーニー監督が辞任を申し入れ、それを受理したことを発表した。

 ルーニー監督は、「ダービー・カウンティのオーナーシップに関する進展を注意深く見守ってきた」とクラブ公式サイトにて語り、以下のように続けた。

「今日、私は上層部の方々と会い、クラブを去る時が来たという自分の決断を伝えた。彼らは私の決断を変えようと懸命に努力していたが、私の心は決まっていた。クラブでの私の時間は、高低両方の感情のジェットコースターのような時間だったが、私は挑戦を楽しんだと言わざるを得ない」

「個人的には、クラブは今新鮮なエネルギーを持ち、過去18か月間に起こった出来事を受けない誰かによって導かれる必要があると感じている。ダービーでの時間を大きな誇りと愛情を持って思い出すつもりで、スタッフ、選手、そしてファンの皆の素晴らしいサポートに感謝したい。私は皆を決して忘れず、近い将来、そしてより幸せな時代に、再び皆と会えることを願っている」

「最後に、クラブの中にはクラブの運営を引き継ぎたいと考える関係者がまだいることを認識している。彼らにとって、ダービー・カウンティは偉大な歴史と偉大なファンがいる素晴らしいクラブだ。皆の健闘と多幸を祈っている」

 また、ダービー・カウンティ・フットボール・クラブ(「ザ・クラブ」)の共同管理者の代表も、クラブ公式サイトでコメントしている。

「ウェインがクラブを去るという難しい決断をしたことに失望し、今日彼に留まるよう説得をしたが、彼が辞任する理由を理解した。2021−22シーズン、厳しい環境に直面した彼の素晴らしい仕事には非常に感謝しており、フィールド外のさまざまな問題もありながら、クラブ、地域社会を率いてきたことを賞賛する」

「共同オーナーたちは、スタッフ・サポーターがこのニュースで不満を抱くと同時に、失望することも認識しているが、我々は皆、彼、妻のコリーン、そして彼らの4人の息子が将来成功することを望み、常に歓迎されることを確信している」

「すべての当事者は、クラブの事業と資産の売却を緊急の問題として完了させる必要性を認識しており、共同オーナーは、ウェインの辞任が進行中の前向きな議論に影響を与えないことを再確認したいと考えている。

 ルーニー監督は2021年1月に、ダービー・カウンティの監督に就任。2021−22シーズンは破産申請のペナルティーで勝ち点「21」の剥奪を受ける苦しい状況もあり、リーグ23位で3部降格となった。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定