筑豊電気鉄道2000形、11月引退へ - 7/10から計19行程でツアー開催

2

2022年06月25日 19:01  マイナビニュース

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
筑豊電気鉄道は、45年にわたり活躍してきた2000形が老朽化のため、2022年11月7日をもって引退すると発表した。2000形の引退を受けて、7月10日から11月6日まで計19行程(20日間)の引退ツアーを開催するという。


2000形(2003号)は、西日本鉄道が福岡市内・北九州市内で運行していた路面電車の車両を改造し、1977(昭和52)年7月5日から運行してきた車両。この車両の運行終了をもって、路面電車として当時運行を行っていた車両はすべて引退となる。



引退ツアーには4つのコースがあり、2000形(2003号)を貸し切って運転体験や写真撮影、ペーパークラフト製作ができるツアーのほか、甘木鉄道・平成筑豊鉄道の車両乗車や車庫見学も一度に楽しめるツアーなど開催。11月5・6日には、フィナーレイベントとして出発式や鉄道部品販売会など実施し、引退ツアー参加者限定の記念品「2000形オリジナルnimoca」「2000形オリジナルパスケース」を申込先着順500名にプレゼントする。


第1ツアー「北九州で夏(秋)の思い出を作ろう!」は、天神高速バスターミナル発着(貸切バス・昼食付き)で、2000形の貸切乗車・車庫内見学と写真撮影・いのちのたび博物館の見学を実施。催行日は7月17・31日、8月7・21日、9月4・18日、10月2・16・30日、11月3日で、料金は1万2,900円。

第2ツアー「過去と未来をつなぐ筑豊電気鉄道で思い出作り」は、砂津(バス停)発着(貸切バス・昼食付き)で、2000形の貸切乗車・車庫内見学と写真撮影・ペーパークラフト製作を実施。催行日は7月10日、8月14日、9月11日、10月9日で、料金は2万1,800円。


第3ツアー「福岡の地方鉄道を巡る旅」は、黒崎駅前駅発着(貸切バス・昼食付き)で、2000形の貸切乗車、甘木鉄道と平成筑豊鉄道の車両乗車・車庫見学・写真撮影を実施。催行日は7月24日、8月28日、9月25日、10月23日で、料金は1万5,800円。



第4ツアー「フィナーレイベント」は、黒崎駅前駅発着(朝食・昼食付き / 1泊2日)で、出発式(出発合図、写真撮影)、2000形の貸切乗車・車庫内写真撮影と運転体験・鉄道部品販売会を実施。催行日は11月5〜6日で、料金は3万9,800円。


ツアーの申込みは、6月24日から11月2日までの期間、西鉄旅行のサイトにて受け付ける。先着順のため、定員になり次第、終了となる。(木下健児)
    ニュース設定