iPhoneでかわいい顔文字を“気合と根性で”自作する方法

0

2022年06月26日 10:21  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真まずは設定からキーボードを追加する
まずは設定からキーボードを追加する

 まだPCがネット上の主なコミュニケーションツールだった時代、「(゚Д゚)」「(‘・ω・`)」のようなアスキーアートが生まれた。現代ではアラビア語やジョージア文字などを使い、さらに複雑かつかわいらしい顔文字が生まれている。これらをiPhoneで自作したいと思ったら、「キーボードを追加」でチャレンジしよう。



【その他の画像】



 キーボードは「設定」アプリの「一般」→「キーボード」→「キーボード」→「新しいキーボードを追加」で追加できる。フリック入力が可能な場合、キーボード式で入力するもの(PC)と選択できる。一般的にかわいらしい顔文字で使われている文字は「アラビア語」「ジョージア語」をメインに使っていることが多い。



 追加したキーボードは入力中に地球儀のマークを長押し(ロングタップ)してキーボード一覧を表示させてから選択するか、地球儀マークを何度かタップすれば切り替えられる。この点は通常の英字配列との切り替えと同じだ。



 「ではどう顔文字を作るのか」というと、ほとんど「気合と根気」に近い。英語やロシア語などヨーロッパ圏の文字は1文字ごとが独立しているため分かりやすいが、アラビア語は文字をつなげて書く性質上、入力時に変形する。半角スペースを挟むなどしてうまく入力しよう。ポイントは「これは口っぽい」「これは目かもしれない」という「見立て」にある。ともあれ、オリジナリティーあふれる顔文字を作りたい人は、ぜひチャレンジしてみてほしい。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定