セレーナ・ゴメス8年ぶり主演作『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン2見どころまとめ!

0

2022年06月26日 14:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』より (C) 2022 20th Television. All rights reserved.
ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』より (C) 2022 20th Television. All rights reserved.
 セレーナ・ゴメス8年ぶりの主演作にして、ハリウッド・コメディ界のレジェンド、スティーブ・マーティン、マーティン・ショートの3人がメインキャラクターを務めるミステリー・コメディドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』。シーズン2が6月28日より、ディズニープラス「スター」にて独占配信が決定した。今回、新たなシリーズを迎える本作のこれまでを振り返り、新シーズンの見どころ・注目ポイントについて簡単におさらいをしよう。

【写真】セレーナ・ゴメス8年ぶり主演作『マーダーズ・イン・ビルディング』キャラクタービジュアル

 本作は、実録犯罪番組マニアという共通点から偶然意気投合した2人の小奇麗なおじさま“チャールズ”(スティーブ・マーティン)と“オリバー”(マーティン・ショート)。そして、2人の孫ほど年の離れた女性“メイベル”(セレーナ・ゴメス)。この同じ高級マンション「アルコニア」に住む3人のご近所さんが、自分たちが暮らすマンションで突如起こった殺人事件の謎に迫っていく物語。昨年配信がスタートし、数々のドラマ賞を受賞するなど世界中で話題を集めたほか、米Hulu史上最も多く配信初日に視聴されたコメディ作品(2021年9月時点)となるなど、注目を集めた作品だ。

 シーズン1では、マンション内で謎の死を遂げた青年ティム・コノの死の真相を突き止めるべく、3人の捜査が始まった。“事件性無し”そう結論付けた警察に対し、ティム・コノの死が他殺なのでは、という疑念を持った3人は、手探りでの捜査を決意。さらにはその模様を、自分たちが大好きな実録犯罪番組よろしく、ポッドキャストの番組として配信をし始める。捜査のスペシャリストでも何でもない3人の行き当たりばったりのドタバタ捜査は、本人役で出演していた“スティング”が容疑者リスト入りするなど、予想外の展開のオンパレード。
 
 しかしそんな中、予想外の進展を見せる3人の番組には熱狂的なファンが付き、次第に注目され始める。同じマンションに住む真犯人を突き止めた3人は、警察おも動かし無事犯人を逮捕することに成功。アルコニアに平穏な日々が戻るかと思われたが…。
 
 ティム・コノ事件の真犯人を突き止めた3人で、ささやかな祝杯を挙げていた時。シャンパンを取りに部屋にもどったメイベルから不穏なメッセージが届く――「“今すぐ逃げろ”」。緊急事態だと察知したチャールズ、オリバーは、メイベルの部屋に駆けつけるのだが、そこにはアルコニアの理事長バニーの遺体と、彼女の返り血を浴びたように服を赤く染めたメイベルの姿。そして、なぜかそこにタイミングを見計らったかのように駆けつけた警察官たち。3人がパトカーで連行されるという場面でシーズン1は幕を閉じた。

 その後の物語を描くシーズン2では、そんな3人が、バニー殺人事件の真犯人を暴くためほん走することに。しかし、3人はマンションの住人から殺人犯だと疑われはじめ、挙句の果てには競合のポッドキャスト番組から犯人として追われはじめるなど、何かとハプニングが起きそうな予感。そして、何故か自分たちの部屋から次々と出てくる凶器などの証拠品の数々や、怪しい人影…。3人を貶めようとする真犯人の魔の手――。“全員(3人)が捕まったら終わり”一時も気が抜けない、真犯人とのスリリングな駆け引きが繰り広げられることになる。3人を貶めようとする犯人の目的とはいったい…?

 犯人が仕掛ける罠の数々、迷走しっぱなしの行き当たりばったりな彼らの捜査が思いもよらぬケミストリーを生み、予想不可能な“謎”と“笑い”の世界が今始まる。

 ミステリー・コメディドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』はディズニープラス「スター」シーズン2にて6月28日より配信開始。
    ニュース設定