【検証】トースト🍞に塗って焼くと1番美味しい “粉系飲料” を体を張って調べてみた

0

2022年06月26日 14:51  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真


最近おうち時間が増えたからせいか、ここ数年でお湯や牛乳で解くだけで簡単にできちゃうインスタント系粉飲料、めっちゃ増えましたよね〜。

ドリンクの粉ってそのままぺろって食べても結構美味しいので、かつて一世を風靡していた永谷園「トッピー」みたくトーストに塗って焼いても美味しいのかも!?

そこで今回は粉系飲料の中でトーストに塗って焼いて食べたら美味しいものを探ってみることにしました!

【バタースプレッドと組み合わせて焼いてみるよ】

今回検証に使用した食パンはパスコ「超熟」の6枚切。用意した粉系飲料は

・ネスレ「ミロ」
・無印良品「素材を生かしたインスタント アサイー&ざくろ」
・KALDI「ノンカフェイン大麦ラテ」
・森永「甘酒粉末タイプ」
・大塚製薬「ポカリスエット」

の5種類。

粉末のせいでパンがパサパサになってしまわないよう、バター系スプレッドを塗ってから、粉末大さじ1を食パン全体に広げ、オーブントースターでトーストすることにしました。

【甘さ控えめヌテラ風「ミロ」】

甘さはやや控えめで、チョコスプレットよりも重たくないけどチョコ感楽しめる、いいとこ取りです。ヌテラのようなねっとり濃厚さはないけれど、イメージはかなり近いです。
色的に焦げているのがわかりにくいので、その点だけ要注意。ですが、その焦げる直前のカリカリになっているところが最高にうんまいので、そのタイミングを逃さないようにするのがおすすめです!
甘い度:★★
あえて焦がしたい度:★★★★
朝でも重くない度:★★★

【これは…革命的「アサイー&ざくろ」】

見た目がクリアなピンク色でとってもかわいい〜!

味は甘酸っぱいジャムのように違和感なく楽しめました。ジャムではあまりお目にかかれないアサイーとざくろなのでちょっとお得感があります。バターとなじんでいるところはとろっとしていて、溶けずに残った部分はまるでザラメ。
少し冷めてくると、キャンディのコーティングのようになって食感にやや歯ごたえが出てきます。これ……美味しい! 革命的な大発見でした。
見栄え度:★★★★
爽やか度:★★★★
冷めても美味しい度:★★★★★★

【あげパン風だ「大麦ラテ」】

わずかに感じるしょっぱさがいい感じで、大麦のせいなのか、焼くと香ばしさが格段とアップ。ザクザクした食べごたえで、給食に出た「きなこあげパン」に近いイメージに仕上がりました。これは万人ウケしそう。アツアツ焼き立てを頬張るのがオススメです。
カルディは塗るとカレーパンになるスプレッドが人気ですが、こちらは「塗るとあげパンにできる」商品にしてもいいくらい高い完成度でした。
万人ウケ度:★★★★★★★★
予想外度:★
給食のあげパン度:★★★★★

【サクサク歯ごたえがハマる「甘酒粉末タイプ」】

甘酒粉末タイプを焼くと、酒粕がほんわり香っていい匂い〜。少し焦げ目がつくと、見た目もいい感じです♪ しかし、がっつり酒粕を堪能できるので好き嫌いが分かれそう。
さらには、甘酒の味なのにサクサクとして歯ごたえがあって面白い体験ができます。もはや “飲む点滴” が “食べる点滴”に変身(意味不明)したかんじがする!?
焦げやすい度:★★★
サクサク度:★★★
甘酒堪能できる度:★★★

【近未来な「ポカリスエット」】

ポカリスエットの粉末は、焼いてみるとレモンヨーグルトのような酸味が案外合うことに驚き……! バターとなじまず粉のまま残っているところはサクサクして、シュガートーストみたいに美味しい!
少し冷めてくるとメロンパンのクッキー生地のような食感になり、甘じょっぱさがあります。

もしポカリでジャムつくったら近未来的なジャムがつくれちゃったりして? と、つい想いをはせてしまう新しさでした。
冷めても美味しい度:★★★★★★
近未来度:★★★★★★
衝撃度:★★★★★★★★★★

【1番美味しかったのは…?】

いろいろ試してみた結果、味的にクオリティがもっとも高く、誰かにおすすめしたいのは、カルディの「ノンカフェイン大麦ラテ」

しかし、個人的には「ポカリスエット」も推したいです。「えええ〜、ポカリをパンにのせて焼いちゃうんですかっ!?!?」的な衝撃と、予想を裏切る「意外とパンに合うじゃない!!」というダブルの衝撃を楽しめるし、朝から楽しい気持ちになれるのではと思いました。

おうち時間の増加で、粉系飲料を持て余している方がいたら、ぜひ食パンにのせて焼いてみて欲しいです☆ もしかしたらこの5種類よりももっとパンに合う商品が存在するかもしれませんよ!?

撮影・執筆:黒猫葵
Photo:(c)Pouch

画像をもっと見る

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定