10円で10分巻き戻る……! ひみつ道具みたいな「時間をお金で買う」装置が開発され「欲しい」「課金したい」と話題に

2

2022年06月26日 21:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真コインを入れると時計の針が巻き戻る……!
コインを入れると時計の針が巻き戻る……!

 まるでドラえもんのひみつ道具のような「時間をお金で買う」装置が開発され、Twitterで「発想が天才」「これ欲しい!」と人気を呼んでいます。課金が止まらなくなりそう……!



【動画】ギュルギュル巻き戻る時計



 作者は、以前に「見るだけで時間が溶ける時計」や「ヒスイポケモン図鑑」を制作・公開して話題になった、立体クラフターのBBコリーさん。



 「時間を金で買う行為を立体化しました」というツイート通り、投入口に硬貨を入れると、時計の針が高速で逆回転し“時間”が巻き戻ります。



 ちなみに巻き戻る時間は、10円で10分、100円で1時間40分、500円で8時間20分という「1分=1円」のレートとなっています。めちゃくちゃお買い得〜!



 夢のある装置に、Twitter上では「これが若返りの装置と聞いて」「時給1000円で働き、60円払う(※以下、繰り返し)」「すぐにギャンブルの文字が出てきた私はもうダメなのだろうか」といった声から、「これで二度寝できる」「睡眠時間を売ってくれ」「これでずっと働けるね」なんて声も。人それぞれ使い方に個性がでそうですね。



 同時に、装置に用意された“返却口”の存在も含めると、いろいろな方向の想像が膨らみます。「TIME is MONEY ATM」は神の装置か、あるいは悪魔の装置か……。



 BBコリーさんはスレッドにて、制作の裏側を公開。コイン投入口はAmazonで購入したセレクター機構を採用し、制御装置にスイッチサイエンスのマイコンボード「Raspberry Pi Pico」(税込572円)を使用。「回路選定やプログラムも自前」とのこと。フレームは、セリアのクリアケースと木目シートで形にしています。



 作品の紹介動画はニコニコ動画でも公開中。BBコリーさんは他にもさまざまな作品を制作しており、TwitterやTikTokで見ることができます。



動画提供:BBコリー(@BitBlt_Korry)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 昭和反時計回りの時計は鏡越しだと普通な世にも奇妙な物語
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定