生殖補助医療において卵巣が一つでも二つでも出生率は変わらない

2

2022年06月26日 22:01  妊活・卵活ニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

妊活・卵活ニュース

写真写真

卵巣一つと卵巣二つの妊娠確率
6月18日、ニューヨーク大学(アメリカ)の研究チームでは、「Journal of Assisted Reproduction and Genetics」にて、生殖補助医療において、卵巣の数に関わらず、出生率は大差ないと報告された。

また、卵巣が一つの場合、卵巣二つに比べて、採卵数は少ないものの成熟卵子の確率は高くなったという。

卵巣の数と生殖補助医療効果における関係性
卵巣は左右に一つずつあり、片側の卵巣を摘出しても、もう片側の卵巣が正常に残されていれば妊娠が可能といわれる。

今回、研究チームは、2012年から2020年の期間、生殖補助医療サイクル1回以上の女性を対象に減数第二分裂中期の1サイクルあたりの採卵数、卵巣予備能、臨床妊娠率、出生率を比較し、卵巣の数と生殖補助医療効果における関係性を検証した。

卵巣が一つの女性104人(158サイクル、平均年齢35.5歳)では、卵巣が二つの女性312人(474サイクル、平均年齢35歳)と比べて抗ミュラー管ホルモン(AMH)が低く、Day2の卵胞刺激ホルモンは高くなった。また、減数第二分裂中期の1サイクルあたりの採卵数は少なかったものの、成熟卵子は50%以上であったという。

一方、卵巣の数に関わらず、受精率、胚盤胞形成率、受精卵(胚)の染色体正倍数性率、胚移植1回あたりの出生率において相違は認められなかった。

(画像はJournal of Assisted Reproduction and Geneticsより)

Springer Link

このニュースに関するつぶやき

  • わたし片方無いよ。でも二人授かった。流産死産もあったけど、ちゃんと妊娠する機能は働いてくれた。有難い…
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定