ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン登壇『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台あいさつ【完全版】

1

2022年06月27日 05:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ベイビー・ブローカー』舞台あいさつに登壇した(左から)是枝裕和監督、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン
映画『ベイビー・ブローカー』舞台あいさつに登壇した(左から)是枝裕和監督、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン
 是枝裕和監督の最新作で、今年の「第75回カンヌ国際映画祭」にて、主演のソン・ガンホが韓国人俳優初となる「最優秀男優賞」を受賞し、キリスト教関連の国際映画組織がコンペティション部門の中から「人間の内面を豊かに描いた作品」に与える「エキュメニカル審査員賞」とあわせて2冠に輝いた『ベイビー・ブローカー』(公開中)。

【動画】日本のファン騒然!舞台あいさつに登場した映画『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ&イ・ジウンら豪華キャスト陣

 24日より日本での公開が始まったのを記念して、韓国人キャストが来日。26日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにてソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン、是枝監督が舞台あいさつに登壇した。

 ソン・ガンホは、『パラサイト 半地下の家族』でのプロモーション以来約2年ぶり、カン・ドンウォンは『ゴールデンスランバー』のプロモーション以来約3年ぶり、そしてイ・ジウンとイ・ジュヨンの2人は、映画のプロモーションとしての来日は今回が初めてとなった。

 この日は日本のメディアはもちろん、韓国からも多くのメディアが取材に訪れ、舞台あいさつには約500人の観客が来場し、映画館の前にも約200人ものファンが集まった。

 大きな拍手に迎えられたソン・ガンホは「こんにちは、ソン・ガンホです」と日本語であいさつ。そして「およそ2年ぶりにみなさんの前でこうしてごあいさつさせていただき光栄です。この映画は日本と韓国に限った特別な話ではなく、私たちが生きている中で感じるさまざまなことを伝えている映画だと思います」と語った。

 カン・ドンウォンも「こんにちは、お久しぶりです。カン・ドンウォンです。来ていただいてありがとうございます」と日本語で日本のファンに語りかけた。

 イ・ジウンも日本語で「こんにちは、IUです」とあいさつし、「空港にたくさんのみなさんが来てくださり歓迎してくださいました。また、多くの人がすでにこの映画をご覧になっていて『よかったよ』という言葉をかけていただけて、とても気分がいいです」と笑顔で手応えを口にした。

 イ・ジュヨンも3人と同じく日本語で「こんにちは。私はイ・ジュヨンです」とあいさつし「みなさんにお会いできて本当にうれしいです。昨日は、監督と俳優のみなさんとおいしい日本料理も味わいました」と笑顔で明かした。

 是枝監督は「さかのぼると15年ほど前に釜山の映画祭で『韓国人の俳優で映画を撮るなら誰を主演に撮りたいですか?』と聞かれてソン・ガンホさんの名前を出させていただいて、そのインタビューを終えて、帰ろうとエレベーターを待っていたら扉が開いてソン・ガンホさんがいたんですね。その偶然を何かの縁があるんだろうと思っていたんですが、こういう形で作品に結実して、日本での公開をこうやってキャストと迎えられたことをうれしく思っています」と感慨深げに語った。

■理想的な、思い描いたとおりのキャスティング

 ソン・ガンホはカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞が発表された瞬間について「カンヌの映画祭は名前が呼ばれるまで、全く結果がわからないので、とても緊張した瞬間でした。ステージに上がってからは『是枝監督とすばらしいキャストの皆さんに感謝申し上げます』とスピーチをしたことは覚えています」と、振り返った。

 今回、赤ちゃんの“ブローカー”という役柄をオファーされた時の心境については「約6年前でしたが、釜山映画祭で初めて話を伺ったときは、是枝監督の作品は全て拝見していてファンでしたし、尊敬する監督でしたので、是枝監督の新しい作品で…ということでとてもワクワクし、ときめきました。『どのような役でもやらせていただきたいです。光栄です』とお伝えしました」と明かした。

 是枝監督はソン・ガンホにこの役をオファーしたことについて「映画の中で、ソン・ガンホさんが初めて登場するシーンを思いついて、そこだけ書いたんです。その時は3〜4枚の短いストーリーでした。ただその時点のプロットにソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんの名前は書いていて、夢がかなってこういう形になりました」とうなずく。

 カン・ドンウォンも「監督の作品は大好きで、いつかお会いして、お仕事をご一緒できればという思いがありました。実際にご一緒することになり、お会いしたら、現場でもすごく優しくて最高の監督でいらして、本当にすばらしい経験になりました」と語る。会ってみて抱いていた印象と違った部分は? という問いにカン・ドンウォンは「特に印象が変わった点はありません。いつも変わらず優しく、現場で楽しそうに撮影されていて、撮影が終わる頃はとても寂しかった記憶があります」と述懐した。

 ちなみに、カン・ドンウォンは、韓国で誕生日を迎えた是枝監督をお祝いしたそうで「良いことなのか悪いことなのか…(笑)? 監督がひとりで誕生日を過ごされると聞いて、食事に誘いました」とニッコリ。是枝監督は「2年連続でドンウォンさんとソウルで誕生日を祝いました。よかったです」と微笑んだ。

 今回、赤ちゃんを赤ちゃんポストに預ける母親という難しい役どころを務めたイ・ジウンは「これまでドラマに出演したことはありましたが、長編映画は初めてで、そこは挑戦でした。私が演じたソヨンは、さまざまな設定があってキャラクターを説明する修飾がいっぱいある人物でした。このいくつもの設定を立体的に表現できるようにと監督とも話し合いながら演技しました」と話した。

 ドラマ『梨泰院クラス』で注目を浴びたイ・ジュヨンは、本作でペ・ドゥナとともにベイビー・ブローカーを追う刑事を演じた。「私も是枝監督の大ファンでしたし、先輩の俳優の皆さん、普段から気になっていた俳優さんとお仕事することができたので、現場で多くのことを学んで、感じるという姿勢で臨んでいました。プロモーションも含めて素晴らしい経験を積めたと思いますし、私にとって長く忘れられない思い出になる作品だなと思います」と、先輩俳優陣とともに是枝作品に出演できた喜びを口にした。

 是枝監督は、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナの3人に関しては以前から面識があり、プロットの時点であて書きをしたことを明かしつつ、イ・ジウンとイ・ジュヨンの2人に関しては「コロナ禍で家で韓国ドラマにハマって、そこで見て本当に『うわっ!』と印象に残った2人にお声がけしました」と説明。イ・ジウンがアーティストのIUとして韓国はもちろん、日本でも絶大な人気を誇る点を踏まえつつ「昔からのファンのみなさんには申し訳ないです、僕はにわかファンなので…(苦笑)。夢がかなって、理想的な、思い描いたとおりのキャスティングが実現して、僕が一番幸せな現場でした」と笑顔を浮かべていた。

 イ・ジウンは是枝監督の言葉に「実は、監督が音楽や作品を通じて私のことを知る前に、一度、韓国で監督を見かけたことがあったんです。その時、私は監督のファンでしたが、監督は私のことを知らない状況だったので、あいさつしたいと思いつつ、出来ずに通り過ぎました。それから1年以上が経って、監督の作品に参加できて、私の音楽も知っているということは、すごく不思議な気分です」と運命のめぐりあわせに感慨。

 イ・ジュヨンも「私は大学にいて、まだ映画のことを学んでいた頃に、監督の作品を見に行くような普通の学生でした。数年たって、監督が私の出演した作品を見て、私という女優を知っているということ自体、不思議な経験でありすごく幸せです」と語った。

■一人の赤ちゃんの運命を一緒に考えていただけたらうれしい

 今回の来日にあわせて多くのファンが空港で彼らを出迎えたが、ソン・ガンホは「成田空港に降りた時、イ・ジウンさんは日本でも有名なスターであり、日本の多くのファンが来るだろうと話に聞いていましたが、実際に100人を超えるファンが集まったそうです。でもカン・ドンウォンさんを見るために集まったのは3人だったそうです。ちなみに、私は5人来てくださっていました(笑)。なので、とても気分が良い1日になりました!」と茶目っ気たっぷりに語り、カン・ドンウォンとともに会場は笑いに包まれる。

 是枝監督は「だいたい、現場はいつもこんな感じで、ソン・ガンホさんがカン・ドンウォンさんをイジって楽しむ。僕は大好きです」とうれしそうに語っていた。

 最後にキャストを代表してマイクを握ったソン・ガンホは「この映画は、日本の監督と韓国のキャストが一緒に作ったということが大事というよりは、日本人であっても、韓国人であっても、私たちが生きている社会の中の私たちの姿、私たちの隣人の姿、また人生の価値が描かれた作品となっています。国を越えて、誰にとっても共感できる温かい物語だと思います。みなさんにもその思いを受け取って、共感していただける、そんな意味ある時間として記憶されてほしいと願っています。ありがとうございました」と呼びかけ、会場は温かい拍手に包まれた。

 さらに、是枝監督が「6年前に書いたプロットは実はすごくシンプルな話でしたが、映画を撮るために韓国に渡って、ベイビーボックス(赤ちゃんポスト)の周辺の人たちへの取材を重ねたのが、とても良かったなと思っています。取材をすればするほど、この物語が人間の命をどう考えるべきか? それを登場人物たちが悩む話だなと――ちょっとずつ、最初に思い描いた話から変わっていきました。撮影を始めてからも変わっていくというプロセスを経て、きょう、みなさんに観ていただく作品になってます。僕の映画はいつもそうかもしれませんが、明快な答えが最後に待っているというより、登場人物たちと同じように見た方たちも旅を続けながら、一人の赤ちゃんの運命を一緒に考えていただけたらうれしいです。楽しんでください」と思いの丈を伝え、舞台あいさつは幕を閉じた。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定